医師との合コンで気をつけるポイント:知性の高い女性がモテる!

合コン市場でもっともレベルが高いと言われている職業、医師。憧れている女性もいるのではないでしょうか。

医学生時代や、働きだしてからも女性からの人気は高く、合コンできるだけでラッキーとも言われています。そんな人気な医師と合コンで交流を深めるにはどうしたら良いのか。

今回は、実際に医師と合コンをした時に覚えておきたいポイントを紹介します。

医師との合コンでNGな言動

知性がないのはNG

超難関の医学部へ通うために幼いころから勉強し続けてきた彼らは、周囲が賢い人達の中で生きてきました。

そうなれば当然、勉強するのも当たり前、賢いという基準も並より上で当たり前です。人並み程度の知性では、医師のお眼鏡にかなうことは、残念ながら0に等しいでしょう。

例え、高学歴でなくとも、今まで外見ばかり磨くことに意識を向けてきた人は、知性を磨く努力が大切です。

外見ももちろん大切です。しかし、ウエストを引き締めると同時に、新聞も読みましょう。スマホでSNSをチェックする時間を少し、ニュース記事を読むことから始めてみてください。

今は見せかけの知性で合コンに臨むしかなくても、そういう努力をしている女性はどこか違ってくるものです。

家事ができないのはNG

激務で、仕事以外も学会や研修、ゴルフなどで家の事は一切できない。そんな医師はたくさんいます。

もし、付き合うことになった時や、結婚となると、女性に家事や育児を全面的に任せたいのが彼らの本音です。

今の時代は主夫や、イクメンなどが増えていて、男性も育児休暇などを取ることも珍しくないですが、医師の仕事はそうはいきません。

家事や育児の協力を男性側に求めるのは諦めましょう。全部自分で出来る女性、家族の分もやってあげたいと思える女性は、医師からも求められる女性になるでしょう。

合コンでは間違っても夕飯はコンビニ弁当で済ませてるなんて言ってはいけません。

彼に甘えたい、頼りたいだけの女性はNG

優しくて尽くしてくれて、イケメン医師の彼がほしい。結婚すれば、高収入だから自分は働かなくていいし、セレブな生活を送りたい。なんて考えがあるとすれば、今すぐ捨てください。

そんな女性は絶対に選ばれません。まず、チヤホヤされ、尽くされる側として生きてきた研修医や医師は、恋人に尽したり優しくすることを学んできていません。

そして、人の命を預かる厳しい仕事をしている彼らは、あなたの小さな愚痴や不満に付き合っている暇もありません。そのため、合コンでは、彼を支えたい女性、尽くしたい女性として振舞うのが賢明でしょう。

そして、自分の仕事の愚痴や不満はあったとしても言わずに、相手の話を聞いてあげるくらいの余裕を持つと良いです。

医師の彼女や妻という激しい競争へ立ち向かうのであれば、それ相応の覚悟と努力を怠らず、いつも素敵な女性でいることが大切。合コンでその努力の成果が実るかもしれません。

Tags

ライター