歯科医師と結婚する方法4選:看護師でなくてもチャンスはある!

外出している際に多くの歯科医院を見かけます。当然歯科医師も多いはずですから歯科医師との結婚は簡単なのでは、と思っている女性も少なくないでしょう。

しかし、医療関係者の男性はやはり競争率が高いです。男性歯科医師と、結婚できる確率は低いと言えるでしょう。では、どうしたら男性歯科医師と結婚することができるのでしょうか。

今回は歯科医師と結婚したい、そんなあなたが結婚に近づくための方法4選をご紹介します。

男性歯科医師と出会う方法

男性歯科医師とすでに交際している場合や知り合いである場合はアプローチが大切ですが、まだ出会えていない人も多いでしょう。男性歯科医師と知り合いになるには、さまざまな方法があります。

一般的な方法は結婚相談所で男性歯科医師を探してもらうことです。しかし、この方法だと見つからないこともありますから、同時進行で婚活サイトや婚活アプリを利用することで効率的に男性歯科医師を探すことができます。

その他の方法としては、合コンや婚活イベントに参加したり歯科医院に勤務することや継続的に歯科医院に行くことなどがありますが、歯科医師と確実に知り合ったり現実的にできるか考えた場合少し難しいです。

家庭的なことをアピールする

30歳を過ぎると自分のクリニックを持つ男性歯科医師が多いです。開業するまでは仕事に加え勉強をしなくてはなりませんし、開業した後は建設費や広告費がかかります。そういった時期にサポートしてくれるような女性を男性歯科医師は好みます。

開業するまでの期間は仕事や勉強に集中できるように気遣うことが大切です。同棲しているならば家事を多く負担するようにすると良いでしょう。

共働きなのに家事を多く負担するということはとても大変なことです。ですが、男性歯科医師と結婚するにはそういった努力が必要な場合があります。

開業する時、経済的なサポートをすると歯科医師は助かるでしょう。好感も自然に抱きます。しかし、結婚を考える仲であっても金銭トラブルが起きる場合がありますから、金銭借用証書などをしっかりと書いてもらいましょう。

お金目当てで付き合わない

一般男性の平均年収は20代で約400万円、30代で約500万円と言われています。厚生労働省が発表した平成27年の賃金構造基本統計調査によると、男性歯科医師の平均年収は、20代で約400万円、30代で約600~700万円です。

20代の男性歯科医師は年収は一般男性と変わりません。しかし、多くの歯科医師が開業する30代以降は一般男性の平均年収を大きく上回っているのが分かります。

そういった経済力の高さに惹かれる女性は多いです。お金目当てで言い寄られた経験のある男性歯科医師は少なくありません。ですから、お金目当てでないことをアピールすることが大切です。

自立した女性になる

歯科医師は忙しく大変な仕事です。二人でいる時間の短さや会話があまりできない日々に寂しさを感じることもあるでしょう。

また、家事を多く負担しなければならないことに加え愚痴などを聞かなければならない大変さもあります。

そういったことを乗り越えて、自立している女性であることをアピールすることで男性歯科医師と結婚できる可能性が高まります。

Tags

ライター