ホットヨガを行う時のデメリット:意外と知らない体へのリスクとは?

ホットヨガは効率的に汗をかくことができ、ダイエットに効果的だと言われています。近年スタジオ数が増え、ホットヨガを行う人の人口も増えました。

ホットヨガはついメリットばかり伝えられてしまいますが、実はデメリットもあるんです。そこで今回はホットヨガを行う上でのデメリットについて紹介します。デメリットを知ったうえで、ホットヨガを行うか行わないか考えてみてください。

熱中症のリスク

夏によく聞かれる言葉である熱中症ですが、ホットヨガでも熱中症になる恐れがあるのです。通常、35度以上の気温の場合、激しい運動はしない方が良いと言われています。

ホットヨガが行われているスタジオの気温は39℃前後です。39℃前後だととても熱いことが分かります。そんな熱いところで運動を行うホットヨガなので、熱中症で倒れてしまう方もいます。

熱中症への対策

水分が十分に摂れていない場合、熱中症になる可能性が高いです。

そのため水分を摂る必要があるのですが、熱中症には塩分も必要となります。そのため水分補給だけでなく塩分補給もしなければなりません。塩飴や梅干しなどを持っておくと良いでしょう。

また熱中症対策にはポカリスエットがおすすめです。そのまま飲むと濃く、水分が体に行き渡るスピードが遅くなってしまうので、水で薄めてから飲むようにしましょう。

そしてポカリスエットは、ホットヨガ中には飲まないようにしましょう。飲むならホットヨガを行った後がおすすめです。

脱水症状のリスク

ホットヨガではたくさん汗をかくことができます。汗をたくさんかくということは、体中の水分が外へ出ているということです。そのため水分をたくさん取らなければならないのですが、出た汗の分、またそれ以上の水分を摂ることはなかなか難しいです。

そのためホットヨガを行ったことで、脱水症状になってしまう方はとても多いです。

ホットヨガを行った後にめまいがする、吐き気がする、なんだかぼんやりするといった症状が出ている時は脱水症状になっている可能性があります。

脱水症状への対策

脱水症状は体内から水分そして電解質が抜けた状態になることです。

脱水症対策として効果的なのは経口補水液であるOS‐1です。軽度~中度の脱水症状であればOS‐1を飲むことで脱水症状は改善されます。

脱水症状を起こす前ならスポーツドリンクの方が良いですが、脱水症状になってしまった場合はOS‐1がおすすめです。

体を痛めてしまうリスク

ホットヨガは通常生活している環境よりも温度、湿度が高いです。

ホットヨガの高温多湿な環境は体が柔らかくなり、普段できないようなヨガのポーズをとることができるようになります。そうすると「もっといけるかも!」と思い、つい無理な体勢を取りがちになってしまいます。

実は体の柔軟性は急には上がりません。一時的に柔らかくなっているだけです。そのため無理なポーズをとらないようにしないと、靭帯など体を痛めてしまうことになるのです。

体を痛める前に行う対策

せっかくホットヨガに来ているのに体を痛めてしまっては意味がありません。

ホットヨガでは決して無理をしないことです。自分がどれだけ柔らかいのか知っておくと良いでしょう。自宅で開脚や前屈などを行い普段の体の柔らかさを知っておきましょう。

Tags

ライター