一目惚れのメカニズムと心理、アプローチ方法:一目惚れは結婚しやすい?

相手を一目見ただけで、一瞬にして恋に落ちてしまう一目惚れは、当の本人にとっては奇跡のように感じる瞬間ですよね。

女性の視点では、一目惚れされると「どうせ見た目だけ好きなんでしょ?」と悲観的に思うことがあるかもしれませんが、果たしてそうなのでしょうか。

今回は、一目惚れしやすい人の心理と恋愛傾向についてご紹介します。

こちらも合わせてどうぞ→後悔しない?一目惚れで結婚する前にチェックしておきたい注意点

一目惚れのメカニズム

まずは、一目惚れのメカニズムについてご紹介します。

一目惚れしやすい人の心理と恋愛傾向 (1)

科学的一目惚れ

ロマンチックさはありませんが、しっかり科学的に証明されてしまいました。

恋に落ちている時、脳内にPEAというホルモンが大量に分泌されるということが、様々な研究でわかっています。
人間は不安定な精神状態になると、脳内でこのPEAというホルモンの濃度が急上昇し、不安感や緊張感を緩和しようとするのです。

実はこのPEAは、抗鬱薬にも使われるほど強い脳内麻薬なので、心は麻痺状態になります。
そしてさらに心を麻痺状態にしたPEAの作用で、興奮系ホルモンのドーパミンが大量に誘発。

つまり麻痺した状態から一気に興奮状態になるこの状態を、科学的に一目惚れと言います。PEAが、勝手に一目惚れをさせてしまったのです。

遺伝子的な一目惚れ

女性は”におい”で一目惚れすることがあります。

好きな男性が使っている布団や服などのにおいを嗅ぐと安心したり、惹きつけられてしまうことはありませんか?
実はこれはただのにおいではなく、自分と遺伝子的に遠い男性を、においで嗅ぎ分けているのです。

遺伝子的に遠ければ遠いほどいい子孫を残せるので、女性はどんどんその男性に惹かれていきます。動物の本能として、そのような特性が備わっているのです。

遺伝子レベルで惹かれるなんて、運命的でロマンチックですね。しかし残念ながら、男性には遺伝子レベルで自分の遺伝子から遠い女性を特定する能力はないようです。

一目惚れの心理

次に、一目惚れする心理についてご紹介していきます。

欠点が見えなくなり、とことん美化

個性的な好みがぴったり当てはまって一目惚れした相手に対しては、どのような恋愛心理がはたらくのでしょうか。

一目惚れした瞬間、脳の中では一目惚れした相手をとことん美化し、相手の欠点が見えなくなるようになります。

美化することが次の展開へのエネルギーともなりますが、見えなくなった欠点で苦労することも。

男性は独占欲から、早く「自分のものにしたい」と思う

動物的な本能で、男性は気に入った女性を見つけると、他のオスに取られる前に自分のものにしてしまいたいという独占欲がはたらきます。

彼女が好みであればあるほど、一目惚れの状態になりやすく、すぐに「自分のものにする」ための行動に移します。

女性はハロー効果で一目惚れしやすい

ハロー効果というのは、「有名大卒」「大手企業に勤めてる」といった情報から、「有名大」「大手企業」の良いイメージを連想してその人の中身まで良い人と思いこむことです。

恋愛では、「背が高い」「オシャレ」「礼儀正しい」などの特徴が、自分の理想に合っていれば、その人に運命的なモノを感じて好きになってしまいます。

恋愛に発展しない一目惚れは「元カレ・元カノ」を引きずっているから

一目惚れしたときに、無意識に「元カレ・元カノ」を連想することがあります。

理性では別の人だと分かっていても、顔やにおいなどが極めて似ている場合は、本能的に一目惚れしてしまいます。

しかし、元カレや元カノと比較してしまうと、恋愛に発展する可能性は高くはないでしょう。

「一目惚れ」を隠しながら恋愛を発展させたがる

一目惚れで起こる脳内の勘違いのひとつは、「すぐに性交渉をもちたい」と思うこと。

とくにモテる男性が一目惚れした場合、女性から「カラダ目的なのでは?」と警戒される一因になります。

一目惚れしたことを相手に伝えると、余計な警戒心から恋愛が発展しないことがあります。

そんなときは、一目ぼれしたことを相手に伝えず、じっくりとアプローチすることが大切です。

一目惚れの恋愛を続けるコツは、日々の「小さな発見」

一目惚れは、その瞬間から相手への好感度が最大です。そのドキドキをいかに持続させるか、それが一目惚れからの恋愛がうまくいくコツです。

そのためには、焦らずに相手とじっくり向き合い、「小さな発見」を積み重ねていくことが大切です。

また、相手に自分の「小さな発見」をしてもらうことも、同じように大切です。

一目惚れをした際のアプローチ方法

最後に、一目惚れした時のアプローチ方法についてご紹介します。

相手にとって印象深い人になる

まずは、相手の印象に残るような行動をしましょう。

例えば、落ちたものを拾ってあげたり、落ちているゴミを拾ったり…「いい人だな」と思われるような事をすると、相手の印象にグッと残ります。

細かい事ではありますが、相手の印象に自分を残すという事が大きなステップになります。

趣味や持ち物を褒める

可能であれば、相手の趣味などについて情報収集する事も大切。周りに知ってる人がいない場合は、見た目から相手の趣味や好きなものを想像してみましょう。

例えば日焼けしていたら、もしかしてサーフィンが趣味かもしれません。「なにかスポーツされてるんですか?」と何気ない会話ができます。

ネックレスや指輪をつけているなら、アクセサリーが好きなのかもしれません。アクセサリーブランドなどをリサーチすれば、話しかけるきっかけになります。

素直に、「素敵ですね」などと話しかけてみましょう。きっと相手との距離が近づきます。

話かけた後は、彼の話を聞く

とにかく聞き上手になることです。

相手から話しかけてきてくれた場合も、自分から話しかけた場合も、相手の目を見てしっかり話を聞くことが重要です。

自分のことは多く話さずに、相手の話に相槌を打つ程度で、なおかつ話を続かせるために質問を入れてみたりしましょう。

特に趣味についての会話は続きやすいのでおすすめです。共通の趣味ならばなおさらですが、自分の知らない相手の趣味でも「教えてください」や「見てみたいです」などと言ってみましょう。

その先の約束につながり、連絡先を聞けるきっかけになります。

ありのままの自分でいる

一番大切なのは、ありのままの自分でいること。

偽りの姿を好きになってもらっても、アプローチが成功したところでうまくいきません。相手に本当の自分を見てもらう事こそ、一番の近道です。

自分のいいところを最大限に引き出して、彼に自分を知ってもらうようにしましょう。伝えたい思いを、ストレートに伝えるということが大切ですね。

一目惚れの恋愛は、成婚率が高い

いかがでしたでしたか。一目惚れは誰にでも起こるものではありますが、好みの異性が個性的なほど、一目惚れの確率は高くなります。

一目惚れからの恋愛は、成婚率が高く、しかも離婚率も少ないです。一目惚れを上手く発展させられたら、最高に幸せな家庭が築けるかもしれませんよ♡

Tags

ライター