問題に向き合わない人はNG?!結婚相手に妥協していけないポイント7つ

結婚相手は、人それぞれの価値観やこだわりによって、重視するポイントが変わります。とはいえ、誰にでも共通する妥協してはいけないポイントはいくつかあります。

結婚相手次第では、これからの生活が大きく左右されるため、結婚相手選び方は、とても重要です。

そこで今回は、結婚相手に妥協してはいけないポイントを7つご紹介します。

価値観を経済観念に置き換えて考える

「価値観」といえば仕事観、恋愛観、生活観などいろいろ思いつくことでしょう。

結婚相手を選ぶときには、この価値観を「経済観念」と置き換えて考えてみましょう。つまり、お金の価値観が似ている人が、結婚相手として向いているのです。

お金の管理はできているか、計画的に貯金しているかなど、お金の価値観についてしっかりと相手と向き合いましょう。

やさしさより、受け入れてくれるかが大切

結婚する前の、関係を深めている段階では、パートナーにはやさしい人は多いと思います。

しかし、パートナーを手に入れた後、つまり結婚したあとにこそ、その人の本性が出やすいもの。

結婚前のやさしさが、結婚後も継続するものだと思い込まずに、結婚相手には「自分を受け入れてくれるか」どうかをしっかりと見極めておくことが大切です。

今はできなくても、家庭的になろうとする姿勢があるか

結婚したあとは一緒に生活するわけですから、家事に対して協力的な姿勢を持っていることが大切。

中には、結婚するまで家事を苦手とする人もいることでしょう。しかし、結婚してから「家庭的」であろうとする姿勢があれば、自然と家事は身につくものです。

結婚相手には家事ができるかどうかよりも、結婚してからも「家庭的」であろうと努力する人が向いています。

見えにくいけどかなり重要なのが、家庭環境

結婚相手本人しか見えていないと、意外と見落としがちなのが、結婚相手の育ってきた「家庭環境」です。

カンタンにいうと、結婚相手の両親がどのような夫婦生活を送ってきたかということです。

子は、親の背中を見て育つといいます。

つまり、結婚相手の家庭環境をあらかじめ知っておくことは、将来の結婚生活のヒントとなるのです。

感情的になりすぎず、些細なことで失わない冷静さ

結婚前からちいさなことでもイライラしたり、感情的になったりする人は、結婚してからさらに感情をぶつけるようになります。

恋愛は感情的である方が楽しめるかもしれませんが、長い結婚生活を穏やかに送るためには、結婚相手が冷静さを持っているかが重要です。

困難な問題から逃げずに向き合う姿勢

結婚生活にはトラブルがつきものですが、トラブルに対して結婚相手がどのように向き合う人かどうかは、しっかりと見極めておきたいものです。

仕事や子育て、夫婦間にトラブルがあったとき、逃げずに向き合う度量がある結婚相手であれば、困難な状況でも乗り越えることができるでしょう。

ありのままの自分がいつでもさらけ出せるか

長い結婚生活、いつまでも付き合いたての頃のように猫をかぶり続けていると、気持ちが窮屈になってストレスを感じてしまいます。

経済力や価値観も大切ですが、もっとも大切なことは、「ありのままの自分」がいつでも結婚相手の前でさらけ出せるかどうかです。

一緒にいて無理することなく自然にいられて、相手もありのままでいてもらえることは、とくに妥協せずに求めましょう。

当たり前に「一番大切な人」と思ってもらえること

いかがでしたでしょうか。

完璧な人間がいないように、結婚相手にあれこれ求めすぎると、せっかくのチャンスを失ってしまいます。

けれども、妥協してはいけないポイントを妥協してしまうと、長く続く結婚生活に大きなストレスと問題を抱え続けることになりかねません。

結婚に向けて一緒に過ごしていけばわかることもあれば、わかりにくいこともありますが、ぜひ結婚相手としっかり向き合い、妥協してはいけないポイントを妥協することなく、幸せになれる結婚相手を選んでください。

Tags

ライター