セルライトが燃焼する仕組みとホットヨガでセルライトを燃焼する方法

セルライトとは、皮下脂肪が皮膚の下にたまり肌がボコボコした状態のこと。セルライトが気になり人前で足を出すことに抵抗があるなど、悩んでいる女性は少なくないでしょう。

セルライトを解消する1番効果的な方法が、ホットヨガという説があります。ホットヨガとは、適当な湿度に保たれた室内で行うヨガで、発汗を促しむくみや冷え性の改善にも効果があります。

実際にセルライトにも効果があるのか気になるところ。そこで、ホットヨガがセルライトに効果があるのかまとめました。セルライトに頭を悩ませている方はぜひ参考にしてみてください。

セルライトとは

セルライトとは女性の太ももや腹部にできる脂肪が凸凹した状態のことです。医学的には通常の細胞と違いはなく、病気とはみなされていません。

セルライトは普通の脂肪とは形状が違うように見え、ボコボコして硬く感じられます。

形状が違うように見える理由は、セルライトは線維組織が異常に増えており、脂肪細胞が線維組織によって分断されて細かく分かれているからです。

セルライトが燃焼する仕組み

セルライトを燃焼させるためには有酸素運動とダイエットが効果的。セルライトは脂肪でできているため、運動し代謝を上げることで自然に消滅していきます。

その他にセルライトを燃焼させる上で効果的といわれている方法は以下のとおりです。

・リンパマッサージなどを行い体を冷やさないようにすること

・運動不足の解消

・過食をしないこと

・締め付ける下着やヒールの高い靴をなるべく避けること

セルライトはできてから年月が経つと解消が難しくなるため、なるべく早いうちに対処することがポイント。そしてセルライトはすぐに解消することが難しいので、気長にじっくりと時間をかけてケアすることが大切です。

なぜホットヨガでセルライトを燃焼することができるのか

セルライトは一度つくとなかなか消えないものですが、代謝を良くし冷えを解消する運動をすることによって消すことが可能といわれています。そこでおすすめの運動がホットヨガです。

セルライトがついてしまう大きな原因に、血行不良と冷えがあります。ホットヨガは38度前後湿度60%前後の温かい部屋で全身運動を行うため、当然血行がよくなり、全身に血液が巡ります。それによって代謝がよくなり血行不良が改善され、冷えも解消されます。

冷え性で悩んでいる方はぜひ一度ホットヨガを試してみてください。その効果に驚くはずです。

ホットヨガでセルライトを燃焼する方法

セルライトがついてしまう大きな原因には、血行不良と冷えがあります。そこで、温かい部屋の中で全身運動をするホットヨガは、体の柔軟性を高め、大量の汗をかくことにより、体の老廃物を排出することができます。

1日1回、週2回程度のホットヨガが効果的です。効果がある一方、ホットヨガは体に負荷のかかる運動のため適度に行いましょう。また「1、2カ月やっても効果がない」と言ってあきらめず、1年単位の長期で続けることが大切です。

またホットヨガ中は大量の汗をかくと同時に大量の水を飲みむため、体内の老廃物が排出されます。体内から老廃物を出すということは、セルライトの解消に大変効果的です。

ホットヨガでは1レッスン1リットルのお水は最低限必要になります。

そのため、はじめたばかりの人や普段水を飲む習慣のない人は、最初の内はなかなか水分補給ができないかもしれません。しかし少しずつでも飲むことによって、しばらくすると楽に1リットル程度の水が飲めるようになります。

湿度や温度が高い中でヨガをするため、ホットヨガが体に合わない人もいます。またサウナなど高温が苦手な人は体調的に厳しいかもしれません。高温が苦手な人は、無理をせず気分が悪くなったら休み、それでも治らなければ無理をせず静かに退出しましょう。

ホットヨガが合わなかった場合は有酸素運動+無酸素運動をするため、ヨガがおすすめです。

ホットヨガはセルライトをなくす他に、ダイエット効果もあります。大量の汗をかく以外にも呼吸を意識することで自律神経が整えられリラックス効果も期待できます。一度試してみてはいかがでしょうか?

Tags

ライター