職場への恨みを解消する方法:自分を見つめてストレスを減らそう 

毎日さまざまな仕事に追われていると、やりがいを感じる人もいれば、何かしら憤慨するような出来事によって、職場に対して恨みを感じる人もいると思います。「恨み」とはどういうものでしょうか?恨みとは他人から受けた仕打ちなどが原因で、その人を強く憎む感情を言います。

誰かを嫌いになることはあっても、恨むという強い感情を抱くことは余程辛く苦しいことが起こらなければ心に抱かないことだと思います。そんな恨みを抱えながら同じ仕事を続けていくことは、とてもストレスが溜まりますね。その感情のを抑えていれば、いつか自分でも思わぬ悪い行動をとってしまうかもしれません。

今回は職場へ恨みを抱えてしまったときの対処法を紹介します。職場でトラブルが起きたときやストレスを感じた時に、恨みの感情を解消する方法など自分なりの対処法を覚えることでストレスを減らすことができるかもしれません。

どうしても恨みを解消できずに我慢を重ねてしまい、ストレスが心の限界を超えてしまった場合は、転職して職場を変えるのも一つの方法です。

リクルートエージェントでは、10万件にも及ぶ非公開求人があるので、自分にあった職場を探すのにピッタリ。無料で登録ができるので、試しに利用してみるのもいいかもしれません。

利用者もかなり多いサイトになので、幅広い分野に特化した転職サイトになっているんだとか。転職のためのサービスも充実しているので、転職を考えている方には本当におすすめです!

リクルートエージェントのサイトを見る

職場への気持ちを客観視する

職場に対して恨みを感じるということは、相当な怒りが沸き起こる出来事があったということです。怒りという感情は、訓練を重ねてもなかなかコントロールすることが難しいものですよね。

怒らないようにするのではなく、怒ってしまった後に自分の気持ちを客観的に見つめてみることを大切にしましょう。例えば、恨みを抱くことで今の自分に何かメリットはあるのだろうか、これから自分はどうしていきたいのかなどです。

また、どうしても冷静になれないという時は、今の職場への思いを出来る限り紙に書いてみてください。頭の中で考えるだけでは晴らそうとしても、どんどん恨みが溜まっていってしまいます。自分がどんな思いを抱いているか紙に書いて吐き出してください。

書き出した恨みに対して自分はどう解消したいか、冷静に分析できるようになります。これは吐き出し作業という大事なことで、自分自身を客観的にみるための一番効果的な方法です。

文章にしなくていいんです。思いつくままに感じていることを書き出すことで気持ちを整理することができますよ。客観視してみると、意外と小さなことに拘っているかもしれません。

実は小さなことに拘っていたんだと気づけば、恨みの感情も薄らいでいくかもしれませんよ。

発想の転換をしてみる

冷静になったあなたは、恐らくとても疲れていることでしょう。まずは休憩して疲労感を取る必要があります。そして落ち着いたら、今抱いている恨みに対して他の見方ができないか考えてみましょう。

具体的には、誰が悪いと責め立てるのではなく、どのようにしたら自分も他者も責めずに済むのかということを考えてみるのです。なかなか難しいことですが、恨みを解消するには、恨みの気持ちを上回るほど楽しいことをすると気持ちにゆとりが持てるようになり、自分や周りを責めずに済むような考えが出来るようになります。

美味しい物を食べる、趣味に没頭する、一人カラオケで思いっきり歌う、しっかり寝る、こういった日常の行動を積み重ねていくことで、心が穏やかになり、恨みの気持ちも解消されていくでしょう。自分を責めることも、他者をせめることもせず済むよう発想の転換が出来るようになるといいですね。

また、その恨みを持ったことで学べたことはないのかという視点で考えてみることもお勧めします。恨みをネガティブな感情のままにするのではなくポジティブに捉え直すことで、嫌な気持ちから解放されるかもしれません。

ストレスに耐えられない時は

職場への恨みの感情が高まりすぎて心身ともに疲弊しすぎている場合は、職場に行くことも苦痛で仕事自体が手につかないことも多々あるでしょう。

体も悲鳴をあげて、いろいろな症状を引き起こしている可能性があります。特にストレスに弱い臓器と言われる胃腸は、腹痛、吐き気、慢性的な下痢を引き起こしたりします。動悸やめまい、偏頭痛など不調に耐えながら仕事をするのはとても辛いですよね。

健康であってはじめて様々なことができ、喜びや達成感を感じることもできるのですから、我慢して仕事を続けることは決して良いことではありません。症状が出ているのであればすぐに専門の医療機関を受診しましょう。

ひとりで抱え込まずに、専門医とともにあなたに合った恨みの解消法を見つけていくことも大切です。

ストレスの限度が超えた場合


どうしてもストレスの解消もできなくなった場合は転職も視野に入れてみましょう。

ストレスで体を壊しても職場は何もしてくれません。でも生きていくためには働かないといけませんよね。少しでも環境の良い職場に転職を考えることは悪いことではありません。

リクルートエージェントは自分の理想条件にぴったりの会社が見つかると人気の転職サービスです。

国内で最大規模を誇るリクルートエージェントでは、実績豊富なアドバイザーと電話などで相談することができ、プロの目線から客観的に自分に合った企業を紹介してくれます。過去の事例をもとにした面接時の対策もサポートしてくれるため心強いですね。

また転職先のことだけではなく、退職のことまでサポートしてくれるのも魅力的なポイント。転職をまだ考えていない方でも、無料で登録できるので、いざというときのために、今から準備してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る