職場の音楽がうるさいときの対処法:イライラを止めたい

今回は職場の音楽がうるさいときの対処法を紹介します。音楽がうるさいときには気分転換をしたり、上司に相談したりといった方法があります。

それでも改善されず耐えられないほどのストレスなら、転職を考えてみてもいいかもしれません。10万件以上の求人を紹介しているリクルートエージェントなら、落ち着いた雰囲気の会社が多くあるはずです。

社風なども熟知したカウンセラーがいるので、ストレスを感じずに仕事をしたいという方にはぴったり。無料で会員登録できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェントに無料登録する

ひとまず自分を落ち着かせてみる

ひと呼吸おく

あなたは、とにかくイライラしているはずです。イライラしているとつい感情的になり、いつもの冷静な判断や決断ができない状態にあります。

まずはひと呼吸おいて、イライラしている自分を見つめる時間を設けましょう。

イライラしていることに対して、自分や他者を責め立てるのではなく、「私は今、職場の音楽がうるさいことに困っているのだ」と言う現実を受け止めます。

意外と音楽のせいだと思っていたイライラが、実は別のことが原因であるという可能性があることに気が付きます。

他の不満に気付いたならば、次に行動を起こすのです。

気分転換をする

どのような形でもいいので、職場の今いる場所から少しの間、離れてみます。例えばトイレに行ったり、窓際やできれば外に出て空気を吸う、コーヒーを入れにいくなどです。

その間にイライラの原因であった、ほかの不満を整理してみましょう。きっと冷静さを取り戻して、あなたの持ち場所に戻ることができるはずです。

それでもやはり音楽がうるさいと感じたら

他者に音楽がうるさいと感じているか聞いてみる

先輩や同僚など、同じ職場にいる他者もあなたと同じようにうるさく感じているか聞いてみます。先程ひと呼吸おいたことにより、あなたは冷静に他者の言葉を判断できるようになっています。

そうすると、本当に他者もうるさいと感じているのか、自分だけがそう感じているのかがわかります。もし、前者だったとするならば、次の行動を考えましょう。

上司に相談してみる

他者もあなたと同じように、職場の音楽がうるさいと感じていたら、それは職場環境の問題です。上司に音楽について相談するということも、一社員としては必要になってきます。どのような意図があって音楽をかけているのか、ほかの社員もうるさいと感じている現実を伝えるなどです。

または、音楽のボリュームやジャンルについて、提案してみるのも有効です。

ひとりで抱え込まないことが大切

今回は、職場の音楽がうるさい時の対処について述べましたが、職場である以上、ストレスを自己処理できない時には、ひとりで抱え込まずに、他者に聞いたり上司に相談するなどして、職場の問題を共有することが大切です。

そのためにも、あなた自身が冷静に判断できるような、心の状態を保つことが先決と言えます。何に対してもそうですが、自分だけの思いを通すのではなく、冷静に他者や上司の言葉を聞くことで、お互いに快適な職場環境の中で働けるようにすることが必要です。

こうすることで、職場の仲間みんなが気づかなかったことや慣れてしまっていることに、一緒に疑問を抱き、考えていくことができます。

それが職場における相互成長にもなるのです。

仕事環境が改善されない場合

職場環境が改善されない場合は、転職も視野に入れることになります。次はより良い環境で仕事したいという方には転職サービスの「リクルートエージェントがおすすめ。

落ち着いた雰囲気の会社に移りたいといった旨を転職エージェントに伝えれば、希望の条件にあった仕事・職場が見つかります。

ぜひ一度サイトをのぞいてみてください。

リクルートエージェントに無料登録する

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る