平均年収を超えたら高望みな婚活!こだわりを変えてチャンスを掴もう

婚活で出会った男性の年収は、女性にとって気になるポイントですよね。しかしながら婚活中の男性の平均年収は、女性が希望する年収を大きく下回っていることも事実です。

婚活の目標は結婚。希望している年収が高望み?と思ったときは、希望の年収を下げることも必要になってきます。また、年収だけでなく性格や価値観など、別のポイントに目を向けるといいでしょう。

一体高望みといわれる年収とは、どのくらいの年収なのでしょうか?

このページでは、婚活女性が結婚相手に求める年収の理想と現実をご紹介します。ぜひ今後の婚活で相手探しの参考にしてください。

高望みの基準

各世代の平均年収を超える年収を希望することは、高望みと言えるでしょう。

国税局の調査によれば、20代男性の平均年収は約322万円、30代の平均年収は474万円、40代男性の平均年収は約597万円です。

ただしこの統計は既婚男性を含んだ数字であり、高収入が結婚に有利という点を踏まえると、未婚男性の平均年収はさらに低いと考えられます。

まずはこの事実を受け入れ、どのくらいの年収の男性が自分に必要か考えることから始めましょう。

年収400万円未満の男性の特徴

年収が400万円未満の男性は、20代の正社員か非正規社員が多いでしょう。婚活市場で年収400万未満の男性を見つけることは難しくありません。

20代の正社員

大学を卒業したばかりのため、年収は低い傾向にあります。現在の年収より将来性を期待して、仕事に対する姿勢などを質問してみてるのが良いでしょう。

しかし20代で結婚を焦っている男性は少なく、実際は“婚活”と言うより“恋活”をしている人が多いです。婚活に対する考え方の違いがあるため、早く結婚したい女性にとっては男性のはっきりしない態度に苛々することもあるかもしれません。

非正規社員

20代~40代まで幅広い男性が婚活しています。しかしながら、非正規は昇給制度のある企業がある一方、同一賃金となっているため非正規社員の男性の年収が、将来的に大きく増えることは期待できないでしょう。

非正規社員の男性と結婚する場合には、共働きを覚悟する必要があります。ただし、正社員になる見込み、資格取得のために勉強中などの話が聞けると将来に期待が持てるかもしれません。

年収400万円台の男性の特徴

年収が400万円台の男性は、20代後半~30代半ばの正社員が多い傾向にあります。婚活市場には、この層の男性が最も多いので、出会うことは難しくないです。節約すれば専業主婦も可能ですが、扶養の範囲でパートをすれば余裕のある生活ができるでしょう。

また、婚活中の女性の多くは年収500万円以上の男性を希望しているため、この層の男性はそれほど競争率が高くありません。もし、この層の男性で価値観やフィーリングが合う人と出会えたら、積極的にアプローチするのが良いでしょう。

年収500万円以上の男性の特徴

年収が500万円以上の男性は、30代半ば以上の正社員が多いでしょう。婚活市場には、400万円台までの男性と比べる少なくなりますが、500万円台はいます。

しかしながら、600万円台となると「年収○○円以上限定」などと銘打ったエリート婚活でなければ、なかなか会う機会ははないでしょう。

さらに、年収600万円台になると人気も高く女性が殺到するため、競争相手が多いという覚悟も必要です。また、高収入の男性は婚活市場で人気があることを自覚しているため、少し強気な態度で婚活をしている人も少なくありません。

まとめ

年収が気になることは仕方がないとしても、こだわり過ぎることで、価値観やフィーリングの合う男性との出会いを逃してしまうかもしれません。

婚活中の男性の特徴には年収ごとに共通点があります。年収ごとの男性の特徴を頭にとめながら、どのような結婚生活を望むのか今一度考えてみてはいかがでしょうか。

Tags

ライター