学校が疲れる原因は?学校生活のストレスの原因と対処法4つ紹介

学校が疲れるという気持ちは、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

疲れの原因が、はっきり分かっている場合は、対策の仕方も見えてきます。しかし、ただ漠然と疲れたという気持ちがあり、原因がよく分からないこともあります。そのような場合、他者への説明が難しく、相談しづらいと感じてしまうこともしばしば。

今回は、学校生活での原因不明の疲れを解決するために、中学校・高校が疲れてしまう原因と、その対処法を考えてみましょう。対策も合わせてご紹介しているので、チェックしていきましょう。

学校が疲れる原因

環境が大きく変わった

進級、進学によってそれまでの生活、環境は大きく変わります。

進級では、クラスメイト、担任の先生などの取り巻く環境が大きく変化します。そのため、慣れていた環境から一気に変わってします。

進学すると、知り合いが少ない環境に置かれて、頼れる人がいないことが多いです。また、制服での通学や教科ごとに先生も変わります。部活に参加しなければいけない、という決まりのある学校も多いでしょう。

進級、進学による環境の変化は、自分自身は楽しんでいるつもりでも、心身は疲れてしまいます。

進路へのプレッシャー

希望の高校、大学に入れるかどうか、希望の就職先につけるかどうか、緊張する人も多いでしょう。

頑張っても成績が上がらないと不安や焦りが出てきます。本番直前では、自分が今まで頑張ってきたからこそ非常にプレッシャーになります。就活はその後に人生を決める重大な出来事なので余計緊張してしまいます。

これらは両親や、世間からのプレッシャーを感じる人も多いです。進路の不安からくる大きなプレッシャーは、大きな疲れを感じてしまいます。

勉強についていけなくなった

進級、進学してくと、授業のスピードも今までとは違ってくるでしょう。高校や大学受験を見据えて、塾に通う人も少なくありません。

しかしながら、やらなくてはいけないことは増えていきますが学習時間は限られてしまうので、分からない問題があっても、時間に追われ、解決できないままにすることが増えてきます。

分からないままでいると、その次の授業の内容が分からない、ついていけないということになってしまいます。勉強に関するの不安は非常に自分自身を疲れさせます。

勉強と部活の両立

部活は忙しい場合が多く体力を使います。また、授業は毎日進んでいくので、予習復習は欠かせませんし、受験勉強や塾でも勉強する人もいます。

勉強と部活の両立は、体力も使うのでとても疲れます。

学校が疲れるときの対策

友達と話す

新しい環境に、戸惑いや疲れを感じている人は少なくありません。それは、自分だけで疲れを抱えているからではないでしょうか?友達と他愛もない話をしたり、悩みを相談しあったら、自分だけで抱え込まなくていいので心が楽になります。

共感してくれる友達は、もともとの知り合いでも、新しい環境の友達でも構いません。もともとの知り合いであれば、気楽に話ことができます。また、新しい環境の友達であったら、同じ環境に置かれているので共感してもらいやすいかもしれません。

共感してくれる友達と話すことでで気持ちが楽になります。気持ちが楽になれば疲れも取れやすくなります。

分かるまで考える

勉強で分からない問題があったら、先生や友達の手を借りて早めに解決しましょう。先生は質問に行ったら分かるまで答えてくれます。

質問するときのコツは、自分が分からないことを明確にして聞くことです。分からないことの過程を考えることは自分が理解するうえでも重要です。

全然分からない場合は、一つ前に戻って解きなおしましょう。例えば、一次関数が分からない場合は、比例反比例の基本をしっかりと学びなおすと良いです。

ストレスを解消する

友達と遊んだり、趣味に没頭する時間を作ることが大切です。自分が楽しいと思えることはストレスを解消するうえで非常に重要です。

また、友達と遊んだり、趣味に没頭することで、誰かと関わることができます。人と関わることによってストレスが軽減されることもあります。

一人でできるストレス解消法としては、紙などに今の自分の気持ちを書き出すというのはどうでしょうか。自分の中に溜めていたものを外に出すととスッキリしますし、気持ちの整理ができます。

リラックスして取り組む

リラックスして取り組むことで、いい結果を得ることができます。一般的に、ストレスと緊張は関係があると考えられます。そのため、リラックスすることで緊張をほぐしストレスの原因を解消しましょう。

主なリラックス法として、吐くことを意識して深く呼吸することや、ホットココアを飲んでみる、などが挙げられます。

健康面や効率面を考えて、睡眠はしっかりと取りましょう。また、睡眠は疲れを取る直接的な手段として非常に有効です。疲れがある場合は積極的に睡眠を取りましょう。

Tags

ライター