仕事上の人付き合いを円滑にするコツ:自然体を意識して気持ちよく働こう! 

仕事での人付き合いに悩んでいる方は、少なくないでしょう。新しく就職した人は同僚に話しかけることも難しく感じますし、女性の多い職場では派閥という問題も存在します。

仕事上の人付き合いの問題は相手がいてこその悩みですから、解決に時間がかかることもあるかもしれません。

トラブルを回避し人と上手く関わるためには、どういったことが大切なのでしょうか。今回は、仕事上の人付き合いを円滑にするためのコツをご紹介します。

仕事への姿勢

無理に仕事を引き受けない

仕事を続けていると自分の担当ではない仕事を頼まれることがあります。手が空いている場合には快く引き受けると好感を持ってもらえるかもしれませんが、他にやるべきことがある場合にはきちんと断るようにしましょう。

曖昧な返事をすると、相手もどうしたら良いのか分からず仕事の進捗に支障が出る可能性もあります。

また、自分の担当している仕事に影響が出ると更に多くの人に迷惑をかけることになったり、信頼を損なうことにも繋がりかねません。明らかに自分には出来ないと分かっている場合は、はっきりと断りましょう。

常識的な行動をとる

仕事上の人付き合いで、信頼関係を築くということは非常に重要です。真剣に仕事に取り組むのは勿論のこと、まずは遅刻やビジネスマナーに注意して常識がある人だと認めてもらいましょう。

問題のある発言や常識から外れた行動は、会社に迷惑がかかるだけでなく信頼を損ない、関係を悪化させてしまいます。周りの人のためだけでなく自分が気持ちよく働くためにも常識的な行動をとることは大切です。

仕事上の人付き合いにおける距離感

自分の意見をしっかりと持つ

女性が多い職場には派閥が生まれやすく、人付き合いはかなり複雑で心が削られることも多いです。中立でいられる状態であれば、どっちつかずな態度でいる方がトラブルに巻き込まれることは少ないです。

しかし、中立でいると板挟み状態になってしまうなどのトラブルが起きることがあります。中立でいることに限界を感じたら、どこかの派閥に属するのも一つの手です。自分の意見をしっかりと持たずにあやふやな態度でいることだけは避けましょう。

仕事仲間として接する

プライベートで仲の良い友人であっても、仕事の時はビジネスパートナーとして接しましょう。冷たく接する必要はありませんが、友人に気を遣って適切なアドバイスができない、仕事がうまく回らない、などのトラブルが起きないように注意しましょう。

友人に気を遣ってトラブルになると、仕事だけでなくプライベートにも影響が出てしまいストレスが増えてしまいます。気持ちをきちんと切り替えて付き合うように心がける必要があります。

仕事上のコミュニケーション

仕事でもらった意見は素直に聞く

新人の頃は特に、上司や同僚の自分に対する意見やアドバイスは素直に聞き入れましょう。たとえアドバイスが自分の考えと違っていても、一度聞き入れ自分の中で考えてみることが大切です。

頭から否定すれば相手も良い気持ちはしませんし、もしかしたら自分では気づくことのできないポイントを指摘してくれているかもしれないので、耳を貸さないのはとてももったいないことです。

仕事のときに性格を変えすぎない

仕事とプライベートでは、必然的に立ち居振る舞いや言動が変わってしまいます。しかし、自分の本来の性格と仕事をしている時の性格が違いすぎるとストレスが溜まってしまうので、リラックスして自然に振る舞うようにしましょう。

自分を全面的に出すのは適しませんが、気を張りすぎずにある程度自然体でいることは、ストレスを減らして気持ちよく働くことに繋がるので重要です。

積極的に話しかける

職場で積極的にコミュニケーションを取ることは非常に大切なことです。積極的に交流することで様々な意見が聞けたり相手のことをより深く知ることができたりと、自分の成長や仕事環境をより良くすることに繋がったりします。

いきなり沢山会話する必要はありません。焦らずにまずはしっかりとした挨拶から始め、少しずつ会話の量を増やしていきましょう。

同僚と無理に友達になる必要はない

コミュニケーションは重要ですが、無理に友達になる必要はありません。分からないことがあった時、気兼ねなく相談できるくらいの仲を目標にしましょう。

仕事で分からないことがあっても、忙しそうで聞きづらい、話しかけることに緊張する、ということがあります。仕事を円滑に進めるためにも相談しやすい距離感の同僚がいると良いでしょう。

Tags

ライター