婚活で知り合った人とのLINEの仕方:やりとりのノウハウも紹介!

婚活パーティ、婚活バー、相席居酒屋、街コンなど、未婚の男女が気軽に出会える場が増えました。しかし、気軽に出会えるからといって全員と連絡先を交換すると、返信するだけでも大変です。

では、婚活で出会った男性との連絡手段に必要な要素は何でしょうか?それは手軽さと、多くの人が使っていることです。そしてこの条件を満たすSNSアプリの代表にはLINEが挙げられるでしょう。

今回は、婚活で知り合った男性とLINEでやり取りをするときのメリット・デメリットに加え、ノウハウも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEのメリット

まず、婚活にLINEを使うメリットを整理してみましょう。

会話形式が短文

メールだと本音で話しづらい場合もあります。しかし、LINEであれば短文のメッセージを送り合えば会話が成立するので、気軽にやり取りができます。

また、会話形式のやり取りは、言いたいことや聞きたいことを小出しにできるというメリットも。相手が興味なさそう、または不快に思っているという気配を感じたら、すぐに話題を変えられるので便利です。

通話もできる

気になった男性とはメッセージのやり取りだけでなく、声も聞きたくなるのが女心。ですが、初めて会ったときに電話番号を交換するのは緊張するし、途中で「電話しませんか?」と女性から言うのも勇気が必要です。

その点、LINEならメッセージの送受信だけでなく通話機能もあるので、電話をするときにアプリを切り替える必要がありません。

多くの人が使っている

相手が使っていないアプリだと、連絡先を交換するまでに時間がかかってしまいます。

しかし、LINEは現在もっとも普及しているSNSアプリなので、お互いID交換やQRコードの読み取り機能などで、簡単に連絡先の交換ができるでしょう。

LINEのデメリット

次に婚活でLINEを使うデメリットを整理します。

IDの交換が簡単すぎる

メリットとは反対にLINEはID交換が非常に簡単なので、興味のない男性とのID交換も断りづらいもの。ただ、興味のない男性には返信しないようにし、しつこい相手ならブロックをすることもできるので、それほど大きな問題にはなりません。

宛先間違いが多い

婚活では、複数の男性と並行してやり取りをすることもあります。そのとき、ほかの男性に送るつもりのメッセージを、意中の男性に誤送信しやすいのもLINEのデメリットです。

しかし、この問題はほかのアプリでも起こり得ることなので、気を付ける以外に解決する方法はありません。

知り合った直後のLINEの仕方

知り合った直後の男性とLINEをする際のポイントを紹介するので、ぜひ試してみてください。

質問の数を均等にする

受け身の女性は、男性からの質問には答えるけど、男性に対して質問しない傾向があります。このような状況が続くと、男性は「自分に興味がないのかな?」と思ってしまいます。

しかし、あなたが一方的に質問ばかりして男性に質問する隙を与えないと、男性にストレスが溜まってしまうことも。そこで、お互いの質問の数が均等になるように、メッセージの内容を工夫しましょう。

3回に1回は話しかける

男性からLINEが来たら返信をするけど、自分からは送らないという女性は多いと思います。これも男性に「自分に興味がないのかな?」と思わせてしまうので、3回に1回くらいは自分から送ってみるのが良いでしょう。

仲良くなったあとのLINEの仕方

仲良くなったあとは、出会った直後とは反対に、自然に会話をするのが一番です。婚活ですから「相手のことをもっと知りたい」と思うのは当然ですが、結婚を意識した質問ばかりすると、相手のテンションが下がってしまうことも。

ここからは、既存の友達にLINEするのと同じように、メッセージ交換を純粋に楽しみましょう。あなたがメッセージ交換を楽しんでいることは、文字からでも相手に伝わるので、自然体こそが婚活成功の何よりの近道と言えるでしょう。

まとめ

今回は婚活で出会った男性とLINEでやり取りするメリット・デメリット・注意点などをご紹介しました。この記事で説明した機能を上手く使えば、LINEは最高の婚活ツールになるでしょう。LINEを上手く使いこなして、より良い婚活を楽しんでください。

Tags

ライター