婚活でのLINEで相手を虜にする6つのコツ:未読・既読無視への対処法も

婚活においてラインでのやりとりは相手を知るための重要な手段です。実際に会う時間よりもラインでのやりとりをしている時間の方が圧倒的に長いため、コツをつかんで相手を虜にしましょう。

今回は相手を虜にするLINEでの6つのコツに加え、未読・既読別返信が来ない時対処法や婚活でラインを使うことのメリット・デメリットをご紹介します。

ラインを活用して幸せな結婚を手に入れましょう。

また、婚活しているのにLINEする相手がいないという方にはマッチングアプリの「ペアーズ」がおすすめ。チャット機能でラインの練習にもなるのでぜひ試してみてください。

ペアーズに無料で登録する

婚活で相手を虜にするLINEのコツ

婚活相手とLINEでいい感じになるためには、どのようなLINEを送ったらいいでしょうか。

かわいいスタンプを用意

女性らしさといえばスタンプです。かわいらしいスタンプがたくさん販売されています。クリエイターズスタンプでもいいので、1つかわいらしいスタンプを持っていると良いでしょう。

しかし、あまりにもたくさん持っていると「こんなにスタンプ買っているの?」と思われてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

そして、スタンプを使う時は会話の最中に使うのではなく、おはようやおやすみなどの時にさりげなく使うようにすると良いです。

質問は相手と均等にする

相手のことを知りたい時には質問をするようにしましょう。しかし質問ばかりではなく、1つの会話に質問は1つが望ましいです。

一方、受け身の女性は、男性からの質問には答えるけど、男性に対して質問しない傾向があります。このような状況が続くと、男性は「自分に興味がないのかな?」と思ってしまいます。

また、男性が質問することが浮かばなくなってきた頃に会話も徐々になくなってきてしまいます。

「休日はなにをしていますか」という質問をすれば趣味の話に発展する可能性が高いです。質問して答えて終了にならないように会話を繋げていきましょう。

3回に1回は自分から送る

ラインが一区切りして、やりとりをしなくなった後、突然自分からラインをするのには勇気がいることが多いです。

男性からLINEが来たら返信をするけど、自分からは送らないという女性は多いと思います。しかし、これも男性に「自分に興味がないのかな?」と思わせてしまいます。

ラインが途切れたとき、3回に1回くらいは自分から送ってみるのが良いでしょう。何を送っていいかわからない場合、最初は事務連絡でも構いません。

相手との仲が深まってきているようであればURLと共に「良いお店見つけたので今度一緒に行きませんか?」など誘ってみても良いでしょう。

仲良くなったあとは自然に

仲良くなったあとは、出会った直後とは反対に、自然に会話をするのが一番です。婚活ですから「相手のことをもっと知りたい」と思うのは当然ですが、結婚を意識した質問ばかりすると、相手のテンションが下がってしまうことも。

ここからは、既存の友達にLINEするのと同じように、メッセージ交換を純粋に楽しみましょう。あなたがメッセージ交換を楽しんでいることは、文字からでも相手に伝わるので、自然体こそが婚活成功の何よりの近道と言えるでしょう。

相手のテンションに合わせる

LINEにはさまざまなスタンプや絵文字が用意されています。友達とのLINEでスタンプをたくさん使ったり、絵文字をたくさん入れたりして、楽しいLINEを送っているという人は要注意です。

男性は基本的にスタンプ、絵文字を使う人は少ないようです。そのため、あまりにスタンプやLINEを送ってこられると面倒くさいなと思われることがあります。相手がスタンプや絵文字をあまり使わない人なら、控えるようにしましょう。

また、LINEの文章は、1つの文の量は相手に合わせるようにしましょう。相手が1度にたくさんの文章を書いてくる人なら、自分も合わせると良いです。

頻度も相手に合わせる

注意しなければならないのはLINEの頻度です。1日に何通もLINEを送る人もいれば1日1通という人もいます。1日1通の人にたくさん送ると面倒くさいと思われるかもしれません。

逆に1日に何通も送ってくる人に1日1通だと、つまらない人と思われてしまう恐れがあります。また、LINEの返信のタイミングも相手に合わせることが大切です。

送ってすぐに返信をくれるタイプの男性なら、できるだけ早く返すことが大切です。しかし、返信が遅い人にすぐに返信すると、プレッシャーを与えてしまうかもしれません。

婚活相手からLINEが来ない場合の対処法

たくさんLINEをしたいからといって、「返信待っています」「どうしてなかなか返信してくれないんですか?」といった内容を送るのは絶対NG。相手にプレッシャーを与えてしまうことになります。

ここでは相手が未読の場合と既読の場合で分けて対処法をご紹介します。

相手が未読の場合

相手が未読のまま返信が返って来ない場合は単純に忙しくて返せなかったというケースが多いです。

また、ラインを返すのがただ遅い人なのかもしれません。今までは最初だからと気をつかって早く返すように頑張ってけれど、慣れてきて普段の自分のペースになっただけの場合もあります。

未読のまま返信が来ない場合はそこまで心配する必要はありません。気長に相手からの返信を待ちましょう。

相手が既読になるまで複数回送るのはやめましょう。

しかし、未読のまま1週間以上返信がない場合はフェードアウトの場合もあります。

婚活で断る際、はっきり言うのではなく自然と連絡を絶つフェードアウトはよくある方法なので気にしないようにしましょう。

婚活でのフェードアウトについて気になる方はこちらの記事をチェック。断る側の記事ですが、相手の気持ちを知る参考になるでしょう。

婚活でのフェードアウトする方法:反感を買わないためにタイミングが重要!

あなたとのトークが下の方に来てしまい、返信するのを忘れていた場合もあるので、相手の真意が気になる方は、もう一度だけラインを送ってみてもいいかもしれません。

その際は、返信が遅いことには一切触れず、全然違う内容を送ってみましょう。それでも返信が来ない場合はフェードアウトと言えそうです。

相手が既読の場合

既読になっているのに何日も返信がなかった場合、2種類のパターンに分けられます。

フェードアウトされたパターンか相手は会話が終わったと思っているパターンです。

質問系や会話が続きそうな内容で送ったのに返信が来ない場合は、上で紹介したフェードアウトでしょう。この人とは縁がなかったんだなと諦め次に切り替えましょう。

しかし、フェードアウト以外にもラインが得意ではないのにあなたからの頻度が高すぎて疲れてしまったという場合やとりあえず既読をつけて自分のペースで返したい派の人だったという場合もあります。その場合は時間を空けて相手から来るはずです。

続く内容なのに既読無視された場合はいずれにしてもあなたから送るのは避けた方が良さそうです。

もう一度あなたが送った最後のラインを読み返して、会話が終わったととらえられてもおかしくない内容だったら、相手が会話が終わったと思って既読だけつけているパターンです。

そのような場合は時間を空けて質問系のラインを送ってみてもいいでしょう。

婚活でLINEを使うメリット

会話形式が短文

メールだと本音で話しづらい場合もあります。しかし、LINEであれば短文のメッセージを送り合えば会話が成立するので、気軽にやり取りができます。

また、会話形式のやり取りは、言いたいことや聞きたいことを小出しにできるというメリットも。相手が興味なさそう、または不快に思っているという気配を感じたら、すぐに話題を変えられるので便利です。

通話もできる

気になった男性とはメッセージのやり取りだけでなく、声も聞きたくなるのが女心。ですが、初めて会ったときに電話番号を交換するのは緊張するし、途中で「電話しませんか?」と女性から言うのも勇気が必要です。

その点、LINEならメッセージの送受信だけでなく通話機能もあるので、電話をするときにアプリを切り替える必要がありません。

多くの人が使っている

相手が使っていないアプリだと、連絡先を交換するまでに時間がかかってしまいます。

しかし、LINEは現在もっとも普及しているSNSアプリなので、お互いID交換やQRコードの読み取り機能などで、簡単に連絡先の交換ができるでしょう。

婚活でLINEを使うデメリット

次に婚活でLINEを使うデメリットを整理します。

IDの交換が簡単すぎる

メリットとは反対にLINEはID交換が非常に簡単なので、興味のない男性とのID交換も断りづらいもの。ただ、興味のない男性には返信しないようにし、しつこい相手ならブロックをすることもできるので、それほど大きな問題にはなりません。

宛先間違いが多い

婚活では、複数の男性と並行してやり取りをすることもあります。そのとき、ほかの男性に送るつもりのメッセージを、意中の男性に誤送信しやすいのもLINEのデメリットです。

しかし、この問題はほかのアプリでも起こり得ることなので、気を付ける以外に解決する方法はありません。

婚活でのLINEまとめ

婚活においてはラインは相手の印象を左右する大事なものです。今回紹介したコツを実践して相手との距離を縮めましょう。

しかし、なかなか出会いがなく、今回学んだことを実践する相手がいないという方にはマッチングアプリでのやり取りもおすすめです。

マッチングアプリでは相手と会うのはチャットでやりとりして仲良くなってからなので、今回のコツを実践して相手に好印象を与えましょう。

また、ラインでのやりとりに自信がないという人は大勢の人とチャットができ、練習にもなるのでぜひ試してみてください。

ラインの腕を上げながら、理想の相手とも出会いましょう。マッチングアプリが初めてというには日本最大手の「ペアーズ」がおすすめ。

安全性を重視したシステムも充実していて、会員もほとんどが真剣な婚活目的なため、初めてでも安心です。

また、累計700万人超えの会員数で、毎日約4000人が新たに登録しているので他とは比べものにならない出会いの数です。

様々な条件で検索して理想の相手と出会いましょう。

ペアーズに無料で登録する

記事の著者

婚活の悩みをもっと見る