ポリアモリーとは?複数の人を平等に愛する新しい恋愛の形

一人の人が一人の異性を愛し続けることこそ、正しく美しい恋愛の形と考えられていました。しかしポリアモリーという、新しい恋愛の形が急増しているのも事実です。

ポリアモリーとは、同時に複数の恋愛をすることを言います。一般的にはまだ受け入れ難いポリアモリーとは、どのような恋愛形態なのか。

また、ポリアモリーを実践するポリアモリストは、恋愛についてどのように考えているのかを紹介します。

ポリアモリーとは

ポリアモリーとは、ギリシャ語の「poly」(複数)とラテン語の「amor」(愛)に由来し、アメリカで造られた造語です。恋愛対象を一人に絞ることなく、同時に複数の人と深い関係を築くという恋愛のスタイルを指します。

複数の人と、合意の上で恋愛関係を築き、結婚という概念にとらわれずに自分が愛したい人や人数を決めるという考え方です。

浮気や不倫との違いは

浮気や不倫は、本来のパートナーがいながら、他の異性と恋愛関係に陥り、その不倫相手や浮気相手の存在を、本来のパートナーに知らせることはしません。

むしろ、その関係を隠し通します。そこには本来のパートナーに対する罪悪感を、多かれ少なかれ抱く人が多いでしょう。

一方、ポリアモリーに関わる全ての人は、それぞれの恋愛相手を隠すことなく、それぞれが合意のもとオープンな形で恋愛です。

複数の相手が、今誰と付き合い、誰と恋愛関係にあるのかを、お互いが全て知っています。そこには罪悪感や嫉妬、独占欲は存在しません。関わる全ての人が幸せであれという考え方です。

ポリアモリストは本当に嫉妬しないのか


嫉妬という感情はなぜ起きるのでしょうか。一般的な一対一の恋愛形態では、それぞれが相手を独占しようと考えます。そこには、他の異性が入り込む余地がありません。

きっかけはどうであれ、入り込む余地がないところに、他の異性が割って入れば、「あの人は誰?」「お前浮気しているだろう?」ということになります。また、普通一対一の恋愛ではありえない別の異性の存在を、本来のパートナーに隠すことで罪悪感が生じます。

ポリアモリーには優先順位がなく、全ての人を平等に扱うという考え方です。一般的な一対一の恋愛形態のように、本来のパートナーがいるわけではないので、一人の人を独占するや、別の人に嫉妬する、別の異性と付き合うことで罪悪感を抱くという考え方はありません。

もし、彼らにそのような感情を抱くようなことがあるとすれば、オープンとはいえ、まだ相手との話し合いが不足しているのではないか、相手との恋愛を見つめ直す必要があるのではないかといった、内証的な考えを持つきっかけとなります。

受け入れられるには時間がかかる

一対一の恋愛が当たり前とされている現代の日本や欧米で、ポリアモリーという考え方がが受け入れられるには、まだ時間がかかりそうです。

しかし、日本以外の国では一夫多妻制の国が存在し、また古く日本でも一夫多妻制は存在しました。このポリアモリーや一夫多妻制が、私たちが当たり前と考える、現在のような一対一という本来の結婚形態を見直すきっかけになるかもしれません。

理想の愛の形を追い求めて

全ての人を平等に愛するポリアモリーは、理想の愛の形なのかもしれません。ポリアモリーが、一般的な恋愛形態となるのであれば、不倫や浮気といった本来のパートナーを傷つけるような行為は存在しません。

しかし、人間はそれぞれ考え方が違います。一人の人間を愛し続けたい人もいれば、ポリアモリーのように、複数の人と恋愛関係を持ちたい人もいるでしょう。

いずれにしても、幸せになる人、そうでない人が存在する限り、人は理想の愛の形を求めていくものです。

Tags

ライター