コンプレックスを解消する方法4つ:克服への近道は原因にあり!

誰にでもコンプレックスはあります。コンプレックスとは、心理学者ユングが使い始めた言葉で、日本では一般的に「自分の嫌な部分」、つまり劣等感を指すことが多いです。例えば、学歴コンプレックスのように自分より上の学歴の人を妬んだりすることです。

そして、コンプレックスを解消するために、人はもがき苦しみますが、簡単に解消できるものではありません。なぜ人はコンプレックスを持つのでしょうか。そしてコンプレックスを解消するには、どうしたら良いのでしょうか。

それでは、コンプレックスを持つ原因と、その解消法について見ていきましょう。

コンプレックスを持つ原因

なぜ人はコンプレックスを持つのでしょうか。コンプレックスを生み出している原因を理解することが、コンプレックスを解消するための第一歩と言えるでしょう。

親に植え付けられたコンプレックス

子供の頃、私たちは親を完璧な人間だと思っていました。幼い子から見れば、全ての大人が完璧に見えるものです。でも、いざ自分が大人になってみるとどうでしょう。完璧どころか、未熟な部分が数多くあることに気付きます。

特に、その自覚が少ない、コンプレックスの強い親に育てられた子供は、自分も同じようにコンプレックスを持ってしまうことがあります。

コンプレックスの強い親は、自分のコンプレックスの解消を子供に求めます。自分が叶えられなかった夢を子供に叶えさせることで、自分のコンプレックスを解消しようとします。すると、その子供は、無意識のうちに親の期待を感じ取り、それに応えようと努力をします。

期待に応えられる子供はまだしも、期待に応えられない子供は、親のガッカリした表情を見て、何て自分は悪いことをしてしまったんだろうと、小さな心を痛めてしまうのです。

そのうち、親の期待に応えることが、唯一親に褒められる事だと勘違いし始めます。いずれ社会に出ても、他人をがっかりさせないようにと期待に応えようとしますが、それには限界があります。

するとだんだんと人の目や思惑を気にするようになり、おどおどとした態度で生きるようになります。そして、その人は自分には人に対するコンプレックスがあると、勝手に思い込むようになります。

自らが抱くコンプレックス

身体的なコンプレックスや物質的なコンプレックスは、物心がつき成長するにしたがい、他人との比較により、自分が劣っていると勝手に思い込むコンプレックスです。

誰しも雑誌に出ているモデルや女優を見て、自分の顔や体がその人達よりも綺麗でないと思い込んだりする経験があると思います。家で鏡を覗き込んで、自分の顔を眺めて悩んだりしたこともあるかもしれません。

これらのコンプレックスは、前述したような親から植え付けられたコンプレックスとは違い、それほど深刻ではありません。自らの努力により解消される場合がほとんどです。なぜなら、根本的な原因は自分にあり、自ら考え方を変えるだけで解消することができるからです。

コンプレックスを解消するには

コンプレックスを解消するのは意外に簡単です。これから紹介する方法を続けて、コンプレックスを解消し、その先に待つストレスフリーな生活をしてみませんか。

では、コンプレックスの解消法を見ていきましょう。

自分自身を受け入れる

まずはありのままの自分を受け入れましょう。コンプレックスのある自分を受け入れることは、とても勇気がいることです。しかし、現実を直視することから、コンプレックスの解消が始まります。

自分を見つめ直すことで、自分が具体的に何に対してコンプレックスを抱いているのかを理解することができるため、解決に導きやすくなるのです。

例えば、自分の目がコンプレックスである場合、メイクで解決するという方法もあります。でも「メイクだけではカバーできない!」「不器用な私にはメイクは難しい!」という方もいらっしゃるでしょう。そういった方は思い切って整形してみてもいいかもしれません。最近では整形も気軽にできるところが増えてきています。

考え方を変えてみる

今までのあなたの考え方はどうですか。暗い考え方をしていませんか。人を羨んでいませんか。誰かを憎んでいませんか。自分の考え方を変えるだけで解消できるコンプレックスもたくさんあります。

考えてみてください。暗い考え方で明るい気持ちでいられますか。人を羨んだり、人を憎みながら、幸せになれますか。それから言葉にも気をつけてみてください。暗い言葉を口にして、周りを暗くしていませんか。

ポジティブな気持ちになる音楽を聞いたり、映画を見るのもいいかもしれません。自分の考え方を変えるのは一見難しそうですが、自分が何に対しコンプレックスを持っているのか、原因をはっきりさせた上で、それをどう解決していくか前向きに考えてみましょう。

自分の好きな場所に行ったり、自分の好きな人に会って相談するのも1つの方法です。ネガティブな感情を一度取り払い、前向きに生きる努力をしてみてください。そして、どんな時でも前向きな言葉を口にしましょう。

仕草を変えてみる

表情はどうでしょう。暗い顔をして明るくはなれません。眉間にしわを寄せて幸せになることはできません。顔には笑顔を絶やさないようにしましょう。何があってもニコニコしましょう。明るい表情で過ごすだけで、自然と前向きな気持ちが生まれ、コンプレックスの解消に繋がります。

コンプレックスの強い人は、何か大きなことをしないとコンプレックスが解消できないと勘違いします。そして、結局何もできずに終わったと思い込んでしまい、さらにコンプレックスを深めます。大きなことを成し遂げる必要はありません。人それぞれ良い部分があり、自分自身では気がついていないことが多いのです。

まずは自分自身を変えることが必要です。簡単なようでも、やり続けることはとても難しいです。諦めないでください。何事もやり続けていれば結果はついてきます。

人と比較しない

多くのコンプレックスは人と比較するのをやめることで解決できます。コンプレックスの強い人は、自分と人とを比較したがります。そして、人より優っているところを探しては優越感に浸り、人より劣っているところを見つけては、劣等感に苛まれます。

コンプレックスの強い人は、人との比較でしか自分自身の存在意義を確認できません。しかし、自分と人とを比較し続ける限り、コンプレックスは解消できません。

他人からの目線を気にして過ごしていると、「あの人は私のことを話しているのではないか」といった被害妄想にも繋がります。

人と比較することをやめ、本当の自分を受け入れましょう。コンプレックスを解消することで自分の自信もつき、人前に立つことに躊躇しなくなったり、ありのままの自分の性格を出すことができるようになるでしょう。

コンプレックスを克服して自信をつかみとって!

コンプレックスとは、あくまでも主観です。そして、誰しもがコンプレックスを抱えて日々過ごしています。そしてそのコンプレックスは対処していない間に、増幅してしまっていることも。しかし、あなたのコンプレックスが、他人にとっては取るに足らないことである場合は山ほどあるのです。

コンプレックスという悩みは持っていて当たり前だということを知り、まずはできることから始めましょう。コンプレックスを完全に取り払うのは大変なことですが、少しずつの努力、例えばメイクを変えたり、表情に気をつけたりすることで少しずつコンプレックスは解消されていきます。

コンプレックスが減ることであなたの良さが引き立ち、普段の生活がより充実したものになるでしょう。頑張って続けてみてください。

Tags

ライター