初めての式!結婚式・披露宴で浮かない服装の選び方を紹介

20歳を過ぎると、友人の結婚式が増えてきますよ。

でも結婚式の服装のマナーって、意外と誰も教えてくれないもの。学校で学べるものではありません。

この記事では、いつ結婚式に招待されても困らないように、挙式や披露宴でのドレス選びのポイントを解説します。

普段から覚えておいて、いざという時に余裕を見せちゃいましょう!

関連記事⇒二次会の華になりたい!結婚式の二次会でモテる服装6選

全身が白っぽい服装はNG

まず、白のドレスや洋服は、主役である花嫁が身につけるべき色なのでNGです。

花嫁と招待客の服の色がかぶってしまっては、せっかくの主役だけのドレスが台無しですよね。

薄い色のドレスで全身が白っぽく見えるかも…と心配なときは、濃い色のショールやリボン、靴などを合わせて、小物使いで工夫してみるといいでしょう。

全身黒っぽい服装もNG

全身黒の服装も、「喪服」をイメージさせてしまい、祝いの場には似合わないのでNGです。

年齢が高くなるにつれて、明るい色の服は避けがちになる人が多いかもしれませんが、せっかくの結婚式くらい華やかにしたいもの。

黒い服装の人が多いと、まるでお葬式のように会場が重苦しくなってしまいます。

全身が黒っぽく見えて気になるときには、明るい色のショールやバッグなど、小物でアクセントをつけてみましょう。

プリントされた柄物はNG

マナー的には、柄物の複層もNGとされています。

しかし染めた糸で縫製された柄や、上品な刺繍であれば問題ないでしょう。派手すぎる柄だけ避ければOK!

肩や脚は、露出のしすぎに注意

一般的なマナーとして、結婚式では露出の多すぎる服装もふさわしくありません。

肩を出したり、胸の谷間が見えそうなセクシーなドレスはNG。

ひざ上10cmのミニスカート、太ももまでスリットが入ったスカートなども避けたほうがいいでしょう。

新郎新婦の門出を祝う神聖な結婚式には、セクシーすぎる格好はそぐわないのです。

ただし、カジュアルな披露宴や、披露宴後の二次会では、少しくだけた格好でもOKな場合が多いですよ。

足元も気を抜かないで

結婚式に列席するのにふさわしい足元の基本は、「ベージュのナチュラルストッキング」と「ヒール5cm以上のパンプス」。

黒タイツは、黒いドレスと同じく「喪服」をイメージさせてしまうので避けたほうがいいでしょう。

またカラータイツ、網タイツや素足も、変に目立ってしまうためマナー違反。

ブーツやサンダル、つま先の見えるミュールも同様にNGです。

ドレス選びのコツ

では次に、ドレスを選ぶための2つのステップをご紹介します。

ドレスを選びにお店に行っても、たくさんの種類があって迷ってしまいますよね?

そんな時はこのポイントを参考にしてみてください。

色を決めよう

結婚式の服装でよく選ばれる色は、紺やピンク、ベージュや青などです。

中でも特に人気なのは、紺色。

紺色のドレスは、年代関係なく着ることができ、上品な雰囲気を醸し出してくれます。

逆に紫や緑などは、シックな印象になるため、若い人が着こなすには難しいといわれています。

自分の年齢に合うデザインを決めよう

20代の人が、品のあるシックなデザインのドレスを着ると、ドレスに着られているような印象になりますよね。

反対に、40代の人がフリルたっぷりのドレスを着ると、若作りしているように見えてしまいます。

「あの人の服装、似合っていないな」と周りに思われて恥をかかないように、年齢も考慮して、自分に合うデザインを選ぶことが大切です。

結婚式の服装をレンタルで!

女性は毎回、結婚式の服装を選ぶのが大変。毎回同じドレスだと周りの友達の目が気になるけど、実際ドレスを毎回新調するにはお財布が厳しい…

そんなときにおすすめなのが、結婚式専用のドレスレンタルサービスです。

ネットで注文すれば、店舗に行くことなくドレスを受け取ることができます。また返送もできるので、時間のない方にもおすすめです。

ルクシュール:レンタルドレス専門店ー結婚式のおよばれパーティードレス、ゲストドレス

終わりに

結婚式の主役は、新郎新婦。

出席者は目立ちすぎず、二人の引き立て役に徹するのがマナーです。

それさえ分かっていれば、結婚式で恥をかくことはありません。

心からお祝いしたい 、大切な友人の結婚式。マナーを守って、思い出に残る素敵な一日にしてあげてくださいね。

関連記事⇒恥をかく前にチェック!結婚式時の親族の服装の決まり・マナー6選

Tags

ライター