皇族の性処理事情…天皇のセックスのやり方とは?

最近、小室圭さんと眞子様の婚約発表&延期でも話題の皇室。外からはうかがい知ることのできない世界ですが、そんな世界だからこそ気になってしまうの皇族のセックス事情。

天皇の初夜の迎え方や、やり方に関して特別なルールがあると言いますが、実際の所どうなのでしょうか。今回は、皇族のセックス・性処理事情について、歴史も含めて解説していきます。

天皇のセックスに関する噂

皇族には、代々の天皇から口頭で直接セックスに関する申し送りをするしきたりがあります。これには皇室ならではのセックスに関する風習などが多く含まれており、初夜の作法、体位、出産しない時期の避妊法などがあると言われています。

結婚をして、初夜を迎える者に対し代々申し伝えられているという仕組みです。

巫女の存在

また、皇室には巫女と呼ばれる女官が存在し、それぞれ重要な役割を果たしています。皇族のさまざまなお世話の場で活躍し、その場は性に関するものを含め多岐に渡るのが巫女。

当然ながら、皇室のセックスの性処理の場においても重要な役割を果たします。

皇族のみそぎ

皇室代々の風習で、皇族の直系男子である皇太子が、年頃(15歳から18歳頃)になると、性技に長けた巫女がその男子のお相手を務めることです。

これは皇族の中ではみそぎと言われ、私たちで言うところの筆おろしの行為となります。天皇は普段の生活だけでなく、性生活に関してもさまざまな干渉を受けているのです。

皇族の初夜の迎え方

皇族のセックスは巫女が手助けをするのですが、そのための準備や作法など、皇族の初夜はやらなければいけないことがたくさんあります。

初夜の床入りの際に白餅を用意しなければならなかったり、花婿と花嫁、巫女の3人で入浴をする入浴潔斎の儀など、皇族ではない私たちにとっては耳慣れないものばかり。

その他の初夜に関するしきたりについてもみていきましょう。

入浴潔斎の儀

入浴潔斎(にゅうよくけっさい)の儀とは、結婚の儀を終えた二人が初夜を迎えるための準備のこと。男性で言うところの筆おろしのことです。

巫女とともに風呂に入り、体中を清めてもらいます。この際、花嫁も花婿も巫女とともに入浴すると言われています。

初夜装束を身につける

初夜装束とは、入浴潔斎の儀をすませた花嫁花婿が、初夜のために着る白い着物のことです。

この着物にはその下には一切何も下着をつけないと言われています。

初夜の床入り

「三箇夜餅の儀」とも呼ばれ、初夜の床入りの際には白餅を用意します。

花嫁花婿はこの白餅を食べあうことで、初めてのセックスで子宝に恵まれるように霊力を与える儀式とします。

露見

介添人が、初夜の床入りの際、花嫁花婿のセックスの場に立ち会い、一部始終を見届けます。

この際、寝所の扉を開け壁代と呼ばれる衝立を外し、寝具の上に並んで寝ている夫婦のシーツに処女の証である血がついているところを確認する役目も果たします。

皇族の性処理・セックス事情まとめ

以上、皇室に代々伝わるセックスに関する話を紹介しました。

皇室のセックスにおいては、巫女含めて3人で入浴をしたり、他人にセックスを見届けられなければいけなかったりと、一般の我々には考えられないようなことが多くあるようです。

もちろんこれらの情報は、皇室で言い伝えられてきたものであり、現在の天皇陛下がセックスにおいて、どの程度続けられているかは謎多き部分ではあります。

このようなセックス事情があったからこそ、天皇家が数千年続いているとも言えますね。

ライター