セフレが欲しい人必見!セフレをつくるための徹底ノウハウ

最近の調査では、多くの若い男女が「恋人がいなくても、セフレがいる(いた経験がある)」と答えていることが明らかになりました。

「面倒な男女の関係より、身体だけの関係だけでいい」と思ってる人は数多く、雑誌『anan』の調査では女性であっても「よく知らない相手とセックスしたことがある」と答えた人は24%にのぼり、セフレとセックスしたことがあると答えた人は全体の10%に登りました。

男性がセフレをほしいと思っていることは、数々のアンケートなどで明らかですが、男女問わずセフレを望んでいることが分かっているのです。

そこでSARAS編集部では、実際にセフレを抱えている人への調査をおこない、セフレをゲットするための具体的なノウハウを明らかにしました。セフレが欲しい人は、ぜひ参考にして見ください。

関連記事:Hがしたい時に手っ取り早くセックスする方法

14%の女性が「セフレあり」

そもそも何割くらいの人がセフレをつくっているのでしょうか?前述の雑誌『anan』では、7人に1人の20代女性が「セフレあり」と答えています。これらの女性は、彼氏以外の相手とセックス経験が継続的にあると答えており、14%の女性がセフレの存在を明らかにしています。

一方で国立社会保障・人口問題研究所が2016年に明らかにした調査では、「異性の交際相手がいない」人の割合が男性7割・女性で6割となっており、過去最高を記録しています。異性と交際しない人が増えているものの、交際の事実がないからといって性的関係がないとは限らないのが興味深い点です。

最近では、セフレ以外にもキスフレやソフレ(添い寝フレンド)など様々な関係が話題になっていますが、実際にはセフレが一般的で、その割合も一番多そうです。

セフレと出会えるサイトを見てみる

セフレにすべき人の特徴

shutterstock_294853148

調査で明らかになってきたことは、そもそもセフレには「なりやすい人」と「なりにくい人」がいるということです。

そこでまず、セフレになりやすい女性の特徴を見ていきましょう。

セフレになりやすい女性の特徴

セフレがほしい男性にとって、どんな女性がセフレにぴったりかを知ることは、大事なポイントです。セフレをもつ男性への調査から、セフレになりやすい女性の特徴が浮かび上がってきました。

彼氏がいる/いないは関係ない

まずセフレになりやすい女性にとって、現在彼氏がいる/いないかは関係ありません。セフレになる女性は、彼氏いる・いない時期を問わずセフレになります。

そのため、彼氏がいるからとその人とセフレになることを諦める必要はありません。キーパーがいたとしても、シュートを打つべきです。

“絶対”は存在しない

「絶対セフレになんかならない」と言い張っている女性であっても、気がつけばセフレになっているケースは少なくありません。

例えば一緒に飲みに行って、「セフレとか無いわ」と言っている女性であっても、心底軽蔑して「無理」だと言っているのか、少しは興味あるものの、一般的な貞操観念から無理だと言っているのかを見極める必要があります。

一人暮らし

一人暮らしの女性は、寂しさを抱えている可能性が高いです。もちろん家に行けば、セフレになれる可能性は一段と上がりますし、その寂しさから簡単に家に上げてくれる人も少なくありません。

出会い系サイトでは、「一人暮らし」や「実家ぐらし」などのステータスから女性を探すことができます。自分の近くに住んでいる女性の中から、一人暮らしの女性を探してみましょう。

一人暮らしの女性を探してみる

職業は看護師・保育士

shutterstock_518086348

「看護師や保育士はエロい」という噂を聞いたことがないでしょうか?あくまでも噂ですが、火のないところに煙は立ちません。

実際に編集部が調査したところ、看護師や保育士はセフレになりやすいと証言する声が多く聞かれました。仕事が激務であったり、ストレスを感じやすいことから、男性を求めていると言った声や、患者さんや子どもたちを見ていることから、エッチや裸に抵抗がすくないのでは?という声も。

いずれにしても、職業からセフレになりやすい女性を探すのは、妥当性がありそうです。こちらも、出会い系サイトから職業を絞ってみましょう。

看護師や保育士の女性を探してみる

男性編

shutterstock_514793386
セフレがほしい女性も10%の割合で存在しますが、そんな人にとってはどのような男性がセフレにぴったりかを抑えておく必要があります。

結論はモテる男性

セフレにするべきは、結論から言うと「モテる」男性です。セフレにして楽しいのは、後腐れがなく、金払いがよく、面白く、優しい男性です。そして、彼らはモテます。

しかし、そうしたモテ男を彼氏にすると浮気するリスクがあるのです。このリスクを避けつつ、楽しい時間を過ごすには、そういった男性とは付き合わずに、セフレ枠に食い込むことです。

最近では、数多くの女性も出会い系サイトに登録していますが、こうした女性の多くは普段の生活では出会わないイケメンを探して、楽しい時間を過ごしているという噂も。

出会い系サイトでは、知り合いと遭遇する確率はかなり低いので、積極的にグイグイいきましょう!

普段は出会えないイケメンを探そう!

口が堅い男性

2人の関係が知人や周囲にバレてしまったら、最悪です。いくらエッチが上手でも「あいつとヤった自慢」をするような男とセフレになってしまったら、あっという間にあなたの噂は広まってしまいます。

そうなれば、周囲にはあなたがヤリマン認定されて、都合のよい女扱いされてしまったり、本命の彼が離れていってしまうこともあり得ます。

なので、二人だけの秘密を守れるような口が堅い男性を選びましょう。

お酒が好きな男性

シラフの状態よりも、少し酔った勢いでコトに及ぶほうが女性としては望ましいところ。一緒に楽しくお酒が飲める男性の方が、お酒の席もその後も楽しめていいですよ。

お互いに「酒を飲んでいたから」という言い訳から、ズルズルとセフレになることも可能です。

羽振りが良い男性

会うたびに安いお店に行ったり、彼の家に行くのは飽きてしまいますよね。

せっかくエッチをするなら、心地いい空間でセックスを楽しみたいもの。オシャレなホテルやレストランをとってくれる、羽振りが良くてムード作りが上手い男性がいいでしょう。

出会い系サイトの中には、年収から相手を探することもできるので、自分の希望するセフレを探していきましょう。

高年収のセフレをゲット!

大切にしてくれる男性

photo-1462638909718-9382a8577a76

セフレはお互いに快楽優先。恋人未満です。それなのに避妊をしてくれない。遊びだったのに妊娠してしまうことになったら大変ですよね。妊娠して傷付くのは男性ではなくあなたなのです。

あなた自身がピルを飲んだりして避妊をすることは可能ですが、それだけでは十分ではないのです。関係の先に、お付き合い、結婚が考えられないのであればお互いに避妊する必要があります。

そのためには、まずあなた自身を大切に思ってくれる男性ではないといけないのです。

一人暮らしをしている男性

セックスをする場所で連想するのは、ラブホテルや家ではないでしょうか。セックスをするたびにラブホテルに行くのもなかなかお金がかかり、それだけで躊躇してしまうことも。

相手が一人暮らしをしていれば、男性の家に行くだけで済むのでお金の心配はありませんね。ホテルと違って時間も気にする必要がなく楽しめますね。

セフレを作るためにすべき事

次に、セフレを作るための具体的な方法を考えていきます。一体どこで、セフレと出会うことがベストなのでしょうか?

出会い系サイトを利用する

同じ会社の社員や同じ学校の同級生、あるいは友人関係の中から関係をもつと周りの目も気になりますし、バレたら一大事です。

そんな女性におすすめなのが、近所で出会える人を探せるサイトです。自分の目的に合った男性を探してメッセージを送るだけなので簡単で気軽に使えてセフレをGETできます。

出会い系サイトでセフレをつくるが、最短の方法といえるでしょう。男性も女性もそういった目的で利用しているので、セックスだけの関係になるには出会い系サイトがスムーズですし、自分が希望する条件のとおりに異性を探すことができます。

今では、自分の近くにいる人を匿名で検索できるようなサイトもありますし、セックスしたいと思ったら行動しやすいのが出会い系サイトをつかう方法です。

ハッピーメールならば、はじめて出会い系を利用する人でも安心して利用できるようになっているので、普段こうしたサイトをつかわないような人が数多く登録しています。

信頼できる出会い系サイトはこちら

マッチングアプリを使う

shutterstock_514795321

最近では出会い系サイト以外にも、スマホのマッチングアプリが人気を集めています。多くの女性が使っており、男性のみならず女性からも人気のアプリです。

アプリ内だと匿名で写真やメッセージのやりとりができ、Facebookなど本人確認を経て登録しているので、出会い系サイトに比べても安心して利用できます。

メッセージをやりとりすることで、相手のこと知ることができ、簡単に異性と出会えます。

App storeやGoogle play storeで「出会い」と入力して検索すれば、たくさんのマッチングアプリがヒットしますが、中でも信頼できて、もっともクオリティが高いのが「pairs(ペアーズ)」です。

多くの人が使っており、職場や学校でも誰かしらペアーズを使っているのでは?と言われるほどの人気ぶり!

人気No.1の出会い系サイトはこちら

飲みに出てみる

サイトやアプリに抵抗がある人は、夜の街に飲みに行くことをおすすめします。最近ではおひとりさまであっても、気軽に入れるバーなども増えています。

居酒屋やバーで仲良くなちゃった人と、そのまま勢いで肉体関係になってセフレになっちゃう事もあります。相手の顔や雰囲気が直接分かりますし、近所のバーならばセフレの関係も維持しやすい点がポイントです。

ナンパをしてみる

男性であれば、ナンパをしてみることもできます。人気ウェブメディアの調査によれば、ナンパからセフレになった人が10%ほどいるそうです。つまり、10人に1人はナンパからのセフレに成功しているということ。

例えば東京ならば、渋谷や新宿、池袋はナンパをしている男性が数多く存在しますし、よくみると一定数の女性がそのナンパに応じています。これはいわゆる、「ストナン(ストリートでのナンパ)」ですが、バーやクラブなどよりもハードルが高いと言われています。

ストナンでうまくいっている人がいるということは、逆にバーやクラブではもっと成功確率があがるということです。ナンパからセフレをゲットすることも不可能ではありません。

元恋人とヨリを戻す

photo-1461995748424-ea60adff3fcd

元カレや元カノと身体の関係だけ切れていない人は、少なくありません。

あえて探すより、自分の肉体を知られているので受け入れやすいのがこのパターンです。元恋人同士なら相手のセックスポイントもわかるし、楽な関係でいられるます。

別れたあとに継続してセフレ状態になるのは、よくあるパターンなのです。

友達以上恋人未満な関係

友達以上恋人未満な関係から、セフレが出来ちゃう可能性もあります。

お互いいい感じになっても、あえて付き合うカタチはとらずに肉体関係だけで満足できます。もし、今連絡を取り合っている中に友達以上恋人未満の異性がいたら、セフレになれるチャンスです。

お洒落をする

お洒落をするのは大事なことです。男性にとってセックスをする相手には、ジャージ姿でノーメイクではなくメイクやお洒落をしていてほしいもの。

男性は女性の外見を見るので「いい女だなぁ」「抱きたいなぁ」思わせることが大切です。普段あまり履かないスカートや少し肌の露出してみるのもいいでしょう。

しかし、過度の露出は良くありません。谷間を見せるなら脚が隠れるロングスカートを履き、ミニスカートを履くなら谷間が見えない服を着るなど、上下どちらかは露出を避けるのが効果的です。

長くセフレ関係を続ける

たまに割り切った一晩だけの関係を求める男性がいます。しかし、なるべく1人のセフレと長く関係を持つのがいいでしょう。

不特定多数の異性とセックスをすると性病にかかる確率が高まりますし、妊娠や危険なことのリスクも高まってしまいます。むしろ長く1人の人とセフレの関係を気づいたほうが、

相手の好きなプレイに合わせる

人によって性癖は異なります。セフレであれば、相手が好むプレイを探ってみるのも1つの手です。

最初のセックスで相手に「身体の相性が合う」と思わせることが重要です。もちろん自分にとって気持ち良いポイントが何かを説明して、相手にも努力をしてもらうことも大切です。

お互いの相性が最高のセックスを呼び込み、それによって長く快適なセフレ関係が築けるでしょう。

セクシーな下着を身につける

セクシーな下着が嫌いな男性はいません。Tバックや透けている素材の下着を履くといいでしょう。

「あなたに喜んでもらうためにセクシーな下着を着てみた」とアピールするのが効果的です。

セフレを作るコツ

shutterstock_409988926

実際に、サイトやアプリ、ナンパなどで出会った人とうまくセフレになるにはどうしたら良いでしょうか。

とにかく後腐れなく!

ポイントは、とにかく後腐れないことです。セフレから「彼女になりたい!」「彼氏になりたい!」と言い出す人は一定数存在します。

こうしたセフレはあとあと厄介な関係になることがあるため、うまく人間関係を築き上げて、お互いにとって「欠かせない人(ただしセフレとして)」になることが大事です。

セフレであっても恋人のように

具体的には、セフレであっても恋人のように甘い関係を構築することが大事です。

夜を過ごす相手として、「一回ヤッた後は邪険にする」が長期的に選ばれるわけはありません。セフレであっても恋人のように優しさや、気遣いを見せましょう。

恋人のように大層なイベントではなくても、誕生日にちょっとした気遣いを見せたり、相手のことを思いやる姿勢は、明るいセフレライフに欠かせません。

長くセフレ関係を続ける

割り切った一晩だけの関係を求める男性もいますが、なるべく1人のセフレと長く関係を持つ方がベストです。

最近、若者の間で性病が増えていますが、不特定多数の人と行為をするのは性病のリスクもありますし、1人と長く身体の関係を続けることで、相性も高まっていきます。

セフレであるならばこそ、気持ち良いセックスを追求していきましょう。

おわりに

セフレが欲しい人向けに、セフレをつくるための徹底ノウハウを説明していきました。出会い系サイトやマッチングアプリなど、方法はたくさんありますので、やはり1番のポイントは「セフレがほしい!」と思ったら、具体的な行動を取ることです。

出会い系サイトといえば、一昔前は、悪質なユーザーや、詐欺まがいの行為が横行しているイメージがありました。

しかし、規制が厳しくなり、業界もクリーンになった結果、現在は悪質なユーザーはすぐ排除されますし、詐欺まがいの行為も厳しく取り締まられています。

その結果、アメリカでは3人に1人がオンライン経由で出会い、結婚に至っているというデータも存在します。

日本でもマッチングアプリの出会いが増加

近年、日本でもその傾向は強まり、若い世代は出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った異性と交際しています。

その中でもSARAS編集部がおすすめしたいのは、ハッピーメールというマッチングサイト(アプリ)です。

12年の運営実績があり、日本では老舗のマッチングサイト。年中無休24時間のサポート体制を行っているので、いつでも安心して使うことができます。

ポイント制の料金システムなので、利用料金も分かりやすく、ユーザーには好評です!写真やプロフィールなど、様々な観点から女の子を選べるのも魅力!

ハッピーメールはこちら

Tags

ライター