ハプニングバーは違法か?会員制・身分証の提示があるかどうかをチェック

最近では全国的にハプニングバーが増えてます。ハプニングバーは男性だけでなく、女性も楽しめる刺激的な非日常空間。

バーでありながらSMや相互鑑賞など、セックスに関係することが行われていていますが、実際、ハプニングバーは違法なのでしょうか。

今回は興味はあるが、違法なのか気になって入店できない方に向けて、ハプバーを安心して楽しむ方法をご紹介いたします。

ハプニングの相手をハッピーメールで探す

ハプニングバーは違法?

ハプニングバーはバースペースやプレイスペース、シャワールームなど完備していますが、あくまでもバーなので存在自体は違法ではありません。

しかし、ハプニングバーがときどき摘発されることがあります。理由は、店内でわいせつ行為の助長や、相互鑑賞、スワッピング・乱交などが行われており、これらは公然わいせつと言えます。警察の注意を無視して営業していると、摘発されることがあります。

つまり現在の法制度と照らし合わせるとグレーゾーンでの営業とも言えます。また、セックスを強要したり風俗のようなサービスを行っているお店もあり、これらについては明確に風営法で摘発されています。

お店側の対策としては、未成年でないか確かめるための身分証の提示や、会員制をとっているお店がほとんどです。

裸で行為をしている最中に警察に踏み込まれると、もしかすると公然わいせつ罪となり捕まってしまう可能性もありますが、現行犯逮捕が原則ですので、防犯カメラなどの記録だけや証言があってもほぼ起訴される可能性はありません。

ただし法律を守って営業されているお店であれば、あくまでセックスを目的とせずバーでお酒を飲んだりトークをする分には問題ないので、安心して楽しめるでしょう。

ハプニングバーのお店の選び方

違法営業の可能性が低いお店の選び方ですが、まず会員制であるかどうかを確認しましょう。会員化することで、店はその人のバックグラウンドを知ることができます。そのおかげで変な人は排除されている可能性が高いです。

また身分証の確認をしっかり行っているかどうかも確認しましょう。ただでさえ赤の他人同士で楽しむものなので、身分が分からないと不安です。また入店時きちんとお店の説明をしてくれるかどうかも見分けるポイント。

説明が少ないお店だと、不安ですし、騙される可能性もありますので、気をつけましょう。

まとめ

ハプニングバーは警察の摘発が入ったとしても、入店している人が捕まる様なことは可能性としては低いです。

しかしトラブルに巻き込まれないためにも、ハプバーを選びときはしっかり見極める必要があります。

特に良い噂を聞くお店だからといって安心入っても、警察から目をつけられている可能性もありますので、気を付けましょう。

身分証や店内ルールが厳しいお店は、比較的安心してハプニングバーを満喫できるので、日常を忘れるぐらい楽しんでみてはいかがでしょうか。

もし、ハプニングバーに行って相手を探すのは少し不安という方は、このハッピーメールというサイトで相手を探すのもおすすめです。

女性は無料なので、男女のバランスもよく、また画像で検索できるので、好みの相手を見つけることができます。

ハプニングの相手をハッピーメールで探す



参考:初心者は必読!ハプニングバーの体験談・楽しみ方を完全網羅

Tags

ライター