異性と話すのが苦手!ネットで出会うメリット・恋人を作るコツ

現代では、SNSなどの普及によって、ネット上における出会いがカンタンになっています。ネット上で知り合った人と実際に会うことも少なくないようです。

少し前までは、ネット上で知らない人と会うのは危険だというイメージがありましたが、現在ではそのイメージは薄れました。

特に若者の間においては、気軽に始められるマッチングアプリや婚活サイトも人気です。

この記事では、ネット上における出会いのメリット・デメリット、またネット上で恋人を作るコツも一緒に紹介します。

ネットで出会うメリット

photo-1456689614583-300abc95e75e

リアルで人と出会うことに比べ、ネットにおける出会いにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

気軽に会話できる

外見に自信がない人、話が苦手な人でも、ネット上では気軽に異性に対してコンタクトを取ることができます。

普段は苦手意識が先走って、うまく喋れない人も、ネットであれば文字のやりとりになるので、話しやすくなります。

一度に大人数とコンタクトが可能

よほどのパーティー好きでないと、一度に大人数の人と会うことは不可能です。

しかしネットであれば、一度に5人、10人とコンタクトを取ることも可能。

LINEやskypeなどのチャットアプリ使えば、複数人と同時に連絡がとれるので、外に出るのが億劫な人でも大丈夫。

またtwitterやFacebookなどのSNSなどを使えば、より気軽に不特定多数とのコミュニケーションを楽しめます。

実際外に出て人と会うことは面倒ですが、ネット上であれば、肉体的な労力を割くことなく気軽に会話できるので楽です。


日本中・世界中の人と繋がれる

地方都市や、山奥のような田舎に住んでいると、コミュニケーションの範囲も限られてきます。

会話する相手が限られると、外部からの刺激が減り、ものの考え方なども固定化しがち。

また大勢の人がいるところに出かけようとすると、手間も時間もかかってしまいます。

そんな人にはネット上の出会いがおすすめです。twitterやFacebook、各種コミュニティサイトでは、地域名で検索すると、その地域周辺に住んでいる人のプロフィールが出てくるので、新たな出会いも探しやすいです。

普通に生活していては出会えない人と出会える

普通に生活していて出会える人は、会社の同僚や、昔からの友人、趣味の集まりなど、出会う集団が限られます。

ネット上には住んでいる場所はもちろん、性別、職業、年齢も全く違う人とフラットな状態で出会うことが可能です。

同じ地域、同じ職場の人だと、新しい自分を見せることは恥ずかしく感じますが、全く新しい出会いならそんなこともありません。

「あいつ急に変わった」などという噂もされにくく、とやかく言われるリスクも少ないです。

外見より中身を重視できる

​​顔を出さずに親交を深めていくことができるので、外見より中身を重視してくれる人と付き合うことができます。

普通に出会うよりも、中身を重視した関係の付き合いをすることができるので、外見に自信がなくて上手くしゃべれない人でも、安心して会話できるはず。

ハッピーメールに登録する

ネットで出会うデメリット

ネットの出会いにはデメリットもありますが、注意しながら利用すれば問題ありません。

匿名性が高い

基本的にネットは匿名の空間です。

Facebookは原則実名登録が義務付けられていますが、偽名を使用する人もいます。

ネット上では名前も年齢も性別も職業も自由に書くことが出来るので、写真もいくらでも盛ることができますし、本人の写真を載せる必要もありません。

ネットの情報を鵜呑みにしすぎると危険。信頼関係が築けたとしても、実際に会って、ネット上で築いたイメージと実物があまりにもかけ離れていると幻滅してしまいます。

情報漏洩の可能性

気軽に更新できるSNSやブログのプロフィールですが、公開制限を付けなければ全世界の人が閲覧可能という状態になっています。

また閲覧を制限したり、パスワードがかかってると言っても安心はできません。

インターネットは全世界とつながっていることを忘れないことが大事です。本当に重要なこと、銀行口座、パスワードなどは載せないようにしましょう。

実際に会うときは注意が必要

ネット上でメッセージのやり取り続けていると、「今度会いませんか?」という打診を受けるかもしれません。

あなたが成人している場合、会うのは自己責任なので問題ありませんが、未成年の場合は注意が必要です。

世の中には詐欺まがいの行為や、暴行を企んでいる人がいるかもしれません。メッセージの印象は良い人で会っても、実際会ってから態度が豹変する可能性もあります。

まずは共通の趣味の話などを通じて、相手が本当にその趣味のことを話したいのかを見極めましょう。

もし夜遅くから会おうとか、お酒を無理やり飲まされそうになったら注意が必要です。

最初は友人を連れて3人~4人で会うのもアリです。とは言え、ほとんどの場合、純粋に話したいだけの人が多いので、注意はしつつも積極的に絡みに行きましょう。

ハッピーメールならば、はじめて出会い系を利用する人でも安心して利用できるようになっているので、普段こうしたサイトをつかわないような人が数多く登録しています。

ハッピーメールに登録する

ネットで恋人を作るコツ

photo-1468418213124-2e45bf80d038

以前はネットで恋人ができた!と言うと、真っ先に思い出されるのが出会い系サイトでした。

しかし最近では真面目に恋人を作りたい人が集まるサイトや、気軽に相手の趣味嗜好を通じて知り合うことのでできるマッチングアプリが人気となり、昔の出会い系サイトのイメージはかなり薄くなりました。

出会い系サイトの運営元もサクラや業者を排除するなど、対策をすすめているようです。

ここではネットで恋人を作るコツを紹介していきます。

まずサイトを厳選する

最も重要なことは、利用するサイトを厳選するということ。

サイト自体が怪しいと、性行為目的だったり、不倫、浮気目的の人がいたりと、リスクが伴います。

また実際には出会うことができないサクラばかりのサイトもあります。

まずトップ画面にセクシーな女性が写っていて「すぐに出会える」ということを謳っているサイトは極力避けましょう。

また、参加している男性が医者や弁護士、金持ちであることをアピールしてばかりのサイトも怪しいです。

カンタンに連絡がとれるからと言ってしつこくしない・焦らない

実際に会う段階でも言えることですが、決して焦ってはいけません。

ネットでは相手の顔が見えないため、文面だけであなたの雰囲気を伝えなければなりません。その文面で「恋人が今すぐ欲しい!」「すぐに会いたい!」と言われたら、相手はどう思うでしょうか?

真面目に恋愛しようとしている女性なら引いてしまいます。焦らずゆっくりと関係を構築することが実際に出会うコツです。

出会いはサイトばかりではない

マッチングアプリや出会い系サイトに抵抗がある人でも、ネットゲームや掲示板などのサービスを利用している人は大勢います。

また最近の出会い系サイトにはゲームやコミュニティ機能がついていることも。

同じゲームに参加している者同士や、好きな漫画やアニメが共通している人同士のオフ会は頻繁に行われています。

もともと同じ趣味で参加しているため話も合いやすく、ゲーム内でやりとりもしていて安心感もあるので、まずはそういったコミュニティから恋人候補を探すのもアリです。

出会う前に自分の恋愛観は少しだけ見せておく

実際に相手と会う前に、自分の恋愛観をチラ見せしておくことも重要です。

ネット上での出会いにおける不安要素のほとんどは、実際に会ってみるとイメージが違うのではないか、ということ。

会う前に自分の恋愛に対する考え方を伝えておくことで、実際に会った時のギャップを埋めることができます。

まとめ

今やネット上で気軽に恋人を作ったり、出会ったりすることは当たり前の時代となりました。

アメリカでは3組に1組のカップルがオンライン上で出会っているという研究結果もあります。

SARAS編集部のおすすめのサイトは、ハッピーメールというマッチングサイト(アプリ)です。

12年の運営実績があり、日本では老舗のマッチングサイト。年中無休24時間のサポート体制を行っているので、いつでも安心して使うことができます。

ポイント制の料金システムなので、利用料金も分かりやすく、ユーザーには好評です!写真やプロフィールなど、様々な観点から女の子を選べるのも魅力!

ネットにおける出会いのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、素敵な出会いを探してみてください。


ハッピーメールに登録する

Tags

ライター