これでスッキリ!別れメールの送り方・内容のポイント

誰でも恋のはじめは期待に胸をふくらませて、成功を祈って、あれやこれやと策を練りますが、別れる時には、そんな気持ちもありません。

なぜ別れを決心したのかはイロイロですが、せめてしがらみ無くスッキリした別れにしたいですよね。

別れにメールを使うメリット

告白は直接がイチバン。そんな意見の方も多いですが、別れともなると、なかなかそうはいきません。

好きである気持ちを伝える時は、結果にかかわらず、相手を不快な思いにはさせないですが、別れ話はいい気持ちになれる事はほとんどないからです。

メール・LINEなら感情的にならない

そこでメールで別れ話をする、というのも一つの良い手と言えます。なぜなら、メールの文面は、あまり感情的にならずに、伝えたい情報を伝えやすいからです。

意思と理由を明確に書きましょう

「それってどういうこと?」なんて聞かれてしまうとバツが悪いものです。

せっかく冷静に伝えられるメールを送っているわけですから、相手にちゃんと、自分が別れる意思がある事、どうして別れる決心をしたのか、をハッキリ書いてしまいましょう。

気持ちは態度だけでは伝わらないもの

それまでに二人の間で、これ以上恋人でいられないな…という雰囲気が漂っていれば、あいまいな表現でも、相手はわかってくれるかもしれません。

しかし、たいてい恋が冷めてしまう状態は、相手に自分の思いや気持ちが伝わっていないことが多いものです。

相手が納得するよう誤魔化さず伝える

「納得できないから会って話したい」と言われて会うと、余計な揉め事になることも。

すっぱり別れたいならメールで伝える時は、相手が納得するように別れる意思と理由を明確に書いておく必要があるのです。

別れた後の事もハッキリと

別れ話を受け入れたとしても、相手が納得していなかったり、もしかしたらまた復縁できるかも…なんて思っていたりするかもしれません。

もし、復縁もアリだと思っているならいいですが、たいてい、別れた後はロマンチックな関係ではないのが望ましいのではないでしょうか?

相手に期待をさせないのも優しさ

特に男性は、友達-友達以上-恋人未満-恋人のラインが一直線で、かつ境があいまいだったりします。

いい加減な関係の残し方をすると、こっちがそのつもりも無いのに、また恋人に戻れる可能性を期待させてしまうかもしれません。

縁を切るか友だちと付き合うのかはハッキリと

メールで別れ話をする際は、今後、復縁はない事や、友達として会うのはアリなのか、ナシなのか、完全に縁を切るのか、知り合い程度には残しておくのか、と言った、分かれた後の関係をどうするのかも、ハッキリ伝えておくのがよいでしょう。

ありがとうはシンプルに

よっぽど憎い感情が無い限り、相手には今まで恋人として大切にしてくれた事への、感謝の気持ちを伝えるのは良い事でしょう。

悪い人じゃないと分かっていれば、なんだか切なさもこみ上げてきて、あれこれ理由や思い出を添えたくなりますが、別れ話はシンプルが一番です。

過度の感謝は未練や勘違いにつながる

あまり感謝の言葉を飾りすぎると、相手にこちらが未練があると、勘違いさせてしまいかねません。あくまでも別れの言葉はシンプルに。

それでいて、相手を傷つけず、これからの可能性もない事をハッキリわかってもらう言葉が、メールでの別れに最適でしょう。

Tags

ライター