頭が悪い人の特徴・共通点とは?頭が悪い人はやっぱり恋愛もイケてない!

頭の良し悪しというのはある程度生まれついて持っている部分がありますから、どうにもならないこともあります。

しかし「頭が悪い」というのは、単に勉強ができるできない、ということではなく、社会で生きていくうえでスマートに対応できないという意味合いも含んでいます。これは生まれ持ったものではなく、後天的な要素だと思います。

ここでは「頭が悪い」と言われやすい人の特徴や、恋愛傾向について見ていきたいと思います。

頭が悪い人の特徴とは?

「あの人、頭が悪いなあ」と思われてしまいがちな特徴には次のような点が挙げられます。

①自分の問題を何でもすぐ他人に聞いたり託したりする。

もちろん調べても分からなかったり、調べても絶対にわからないような質問であれば、早めに聞くことは大切です。

しかし頭が悪い人というのは、とにかくすぐに人に聞きたがり、自分で考えようとしない傾向にあります。

これでは恋愛においても「自分の考えや意見が全くない人」と思われてしまいかねません。

②同じことを何回も聞く

人間ですから、一度で全ての事を完璧に聞くのは難しいですから、二度目までならありでしょう。しかし3回も、中には4回も同じことを聞く人がいます。

おそらく人の話を集中して聞いていなかったりメモの取り方が下手だったり、他人事のように捉えているなどいろいろな原因があると思いますが、これは頭が悪いと思われる大きな要素です。

仕事では信用してもらえなくなるのはもちろんのこと、恋愛においてもこんなことを繰り返していると「この人は私の話を真剣に聞いていない」と相手に思われてしまうことになります。

③会話や空気の流れが読めない

これは、それまでとは全く違った話や関係のない話を突然するということであり、仕事であれば会議の時間を長引かせてしまう要因になったり、他に割くべき重要な時間がなくなってしまうことになります。

おそらく当人は「自分の知識を話したい」とか、話の内容を理解できていないために勘違いして全く違う話をしてしまうのでしょうが、恋愛においてこんなことをしてしまうと相手に「自分の話を聞いてるの?!」と思わせ、場合によっては相手を怒らせてしまうこともあるでしょう。

④話し言葉が学生風

これは社会人に当てはまることですが、社会人として働いているにも関わらず目上の人に対して正しい敬語や言葉遣いができないということです。

例えば語尾を「○○してさぁ~」と伸ばしたり、目上の人に対しても「そうっすね~」などのいい方しかできない人がいますが、これは自分で「頭が悪い」と言っているようなものですから是非気をつけましょう。

恋愛においても、恋人とこのような話し方をするのは構いませんが、恋人といる時に上司にそのようなものの言い方をしていると、一気に相手の恋心は冷めてしまうにちがいありません。

⑤すぐ感情的にイライラする

頭がよくスマートな立ち振る舞いができる人は、大抵どのような場面でも自分の感情をうまくコントロールすることができます。

つまり、頭が悪い人はその逆で、自分の感情をコントロールできずイライラなどの感情をすぐに表に出してしまいがちです。

会社などではもちろんマイナスになりますし、恋人の一挙一動にすぐにイライラして感情をぶつけてしまえば相手も当然いい気はしませんよね。

⑥自分を過大評価し、常に相手に対して上から目線

実は、頭の悪い人ほど自己評価が高いと言われています。これは、無意識のうちに何とか自分の秀でた面を探し出し自画自賛することで自尊心を高めているためです。

しかしこうした評価は決して客観的なものではなく、逆に周りに「自分の能力を分かっていない自信過剰な人」と思われてしまうことになります。

こういうタイプの人は恋愛においても相手にいろいろな自慢をしたりしますが、掘り下げてみると大した知識は持っていなかったりします。

そうなると相手にとっては「偉そうにしているだけ」と思われてしまうだけです。

⑦抽象的な話しかできない

話をするときに具体的な話をできない人は、相手に自分の言いたいことを上手く伝えることができません。そのため相手もイライラしてしまい、逆に具体的にうまく話ができる人と比べられた時に「あの人は頭が悪いんだ」と思われてしまいがちです。

恋愛においてもそうです。抽象的な話しかできない人は相手に「何を言っているのか全然わからない」と思われうんざりされてしまいます。

男性にバカだと思われる女性の特徴

好きな男性にバカな女と思われるのは一番避けたいですよね。

意外と無意識にしてしまっている言動で、バカな女と思われているかもしれません。

自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

①下ネタで盛り上げようとする

男性は下ネタ話を好みますが、盛り上がっているからといって調子に乗って女性の方から下ネタを話題にするのはダメです。

その場は楽しく過ごせたとしても、下品でバカな女と思われてしまいます。

男性に意見を求められても、笑ってごまかすなどして避けるのが無難です。女性が恥ずかしそうにしている様子を見て男性も楽しんでいる傾向もありますよ。

②声が大きい

ぼそぼそと話をして聞き取りずらいのは嫌がられますが、声が大きすぎるのもバカな女と思われてしまう一つの原因です。

場所も弁えず大きな声で笑ったり話をしたりするのは聞いている方はとても不快に感じてしまいます。

大事な事であっても相手の近くに寄って話をすれば充分に聞こえるので、大きな声で話をするのはやめておきましょう。

③真面目な話ができない

男性が真面目な話をしている時に、一人だけちんぷんかんぷんな事を言ったり話をまるで聞いていないような態度は絶対にダメです。

真面目な話も出来ない、バカな女と思われてしまいます。

普段はふざけてばかりいてもメリハリを付けましょう。

④自分の名前をちゃん付け

女性らしさをアピールするあまり、自分の名前を呼ぶ時に〇〇ちゃんね~とバカ丸出しな一人称をするのはやめましょう。

いい歳してちゃん付けで呼ぶのはかなり痛い子です。甘え上手はモテますが、自分が可愛いアピールするのは非モテ女子の典型。

普段から自分の事をちゃん付けで呼んでいる場合は、改善した方が良さそうですね。

いかがでしょうか?自分を振り返ってみた時に当てはまることがありませんでしたか?!

もしも当てはまることがあったという人は、少しでも視野を広くしてそれを改善する努力をしてみてください。

頭が悪い人にはもううんざり!という人は、Pairsを使って新しい友達を見つけてみるのもいいかもしれません。

Pairsは友達探しに利用する人も多いマッチングアプリなので、恋人が欲しいという人以外も気軽に楽しめます。

簡単に登録できるので、是非一度試してみてはいかかでしょうか。

Pairsに登録する

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る