宮島のおすすめ観光スポットを紹介

広島県の宮島は世界にも広く知られた観光地で、毎年たくさんの外国人観光客が訪れます。宮島はよく知られた定番の観光スポットだけでなく、美しい自然やグルメなど、見どころが目白押し!

実際に宮島を訪れた筆者がおすすめする宮島の見どころを、紹介します。

王道の厳島神社(大鳥居)

A1 鳥居近影

宮島の観光名所の定番といえば、厳島神社は外せません。海に浮いているかのようなかたちで建造された風光明媚な神社で、日本三景の一つとして有名です。

もし時間があるなら、干潮の時と満潮の時の、両方の時間帯に訪れるのがおすすめ!満潮のときは、海に映る鳥居の格式高い姿が印象的です。

干潮のときなら鳥居に近づいて、柱の藻に願いを込めた硬貨を添えることも出来ます。これによって、願いが叶うといわれています。

昔ながらの日本の姿が垣間見える表参道商店街

A2 表参道商店街

島内で最も活気があるエリアが、フェリー降り場から厳島神社へ向かう際の通り道である表参道商店街です。約300mの道沿いに、飲食店やみやげ店など約70の店が並んでいます。

A3 カキ

宮島の名物グルメであるアナゴ、カキ、もみじ饅頭などを食べ歩きすることができます。広島名産の生ガキ、焼きガキ、カキフライはどれも絶品。特に旬を迎える冬には必ず挑戦しておきたいところ。

値段も良心的で、見て周るだけでも楽しい商店街です。

隠れた名所、紅葉谷公園(もみじだにこうえん)

A4_紅葉谷公園

暑い夏におすすめの避暑地

A5_紅葉谷公園2

紅葉谷公園は、知る人ぞ知る隠れたスポット。夏の暑い日には島民も観光客も憩いの場として涼を求めてやってきます。

特に紅葉谷公園内にある小川は、誰もが足を止めて休憩したくなる昔ながらの日本の風景が残っています。靴を脱いで小川に足を浸すとリフレッシュした気分になれるので、ぜひトライしてみてください。タオルを持参しておくといいかもしれません。

桜や紅葉の名所も

紅葉谷公園は、春は桜、秋は紅葉の名所としても有名。季節ごとに違ったかたちで自然を満喫できる公園です。中でも700本の紅葉が色づく紅葉は圧巻の美しさ。宮島の紅葉は、11月中旬から下旬が見頃です。

この公園からロープウエーへは歩いて10分ほど。無料の送迎バスもありますが、天気がよければ景観を楽しみながら歩いて向かうこともできます。

宮島ロープウエーは迫力満点

A6_宮島ロープウエー(循環式2)

弥山の麓から山頂付近までの距離を運行しているロープウエー。2種類の異なるロープウエーを乗り継いで、終点の山頂を目指します。世界遺産に登録されている原生林を見下ろし、瀬戸内海の多島美を一望することが出来ます。

ロープウエーはかなりの高さがあって迫力満点!日本のエーゲ海といわれる瀬戸内海を一望することができるので、乗る価値大です!

A7_ロープウエー大

絶景のパワースポット、弥山

A8_ロープウエーからの眺め

山頂へは、登山道または先ほど紹介したロープウエーを利用します。360°どこからでも景色を楽しめますが、一番のビューポイントは南東方向のこの位置!私が弥山を訪れた日は素晴らしい快晴で、瀬戸内の綺麗な海を眺めることができました。

山頂には自販機などはないので、ロープウエーに乗る前、もしくは獅子岩駅で飲み物を購入しておくといいと思います。

A9_山頂

野生の人懐っこい鹿

A10_鹿

宮島には野生の鹿が生息しています。人懐っこくてかわいいのでぜひ記念撮影をしたいところですが、餌を求めて狙ってくることもあるので、カバンなどには注意しましょう。なお、鹿へのえさやりは禁止されています。

ライター